YOUTUBE チャンネルはこちら!!

【ウイルソン】プロスタッフ 2018 97CVをインプレ!人気筆頭薄ラケの実力は?

新作ブレードV7.0だけでなく、レーバーカップモデルで人気を爆発させたプロスタッフ

フェデラー人気の底力を思い知らされました(笑)

ぺんてぃ

【アルパワー:48P】

プロスタッフって難しそうなイメージがあったけど、正反対な使用感でびっくり!

しなりすぎず、硬すぎず、イメージ通りにまっすぐ飛ぶ安定感はさすがの一言!

本記事ではプロスタッフ97 CVの使用感と、他機種との違いについてまとめてみました!

【レビュー】プロスタッフ97CV

  • なめらかな打感と適度な飛び
  • 意外と軌道が上げやすい!?
  • ブレードとは異なるしなり感

薄ラケの王様=プロスタッフというイメージがあったので、グニャグニャしなるんだろうな~とか飛ばないんだろうな~と勝手に想像していましたが、敷居が高くなくてびっくり!

どちらかと言うとすっきりした淡白な弾き、しかしボールをぐしゃっと潰す気持ちよさ引掛かり感が両立していた印象。シンプルに気持ちよい!!

プロスタッフしか使えないなんて言う声もあながち嘘じゃないんだろうな~と、感心させられたラケットでした

MEMO
薄ラケらしさはあるけれど、昔の薄ラケとはちょっと違う感じ

良き古さは備えつつも、楽が出来るように優しい味付け!

スペック:プロスタッフ97CV

  • 基本重量:315g
  • フェイス:97inch²
  • バランス:310mm
  • フレーム厚:21.5mm
  • フレックス:RA65
  • SW:320(ガット込)
  • 長さ:27inch
  • パターン:16/19

打球感:ガッシリ系

ぺんてぃ

ラケットらしいマイルドなフィーリングに、程よい硬さが残ったがっしりした打感

薄ラケに出やすい頼りない剛性感も一切感じず、ボールのインパクト時のパワーが効率よくボールに伝わってくれているのがわかります

ぐにゃッとするしなり感はほとんどなく、必要分のしなりとフェイスの撓み感が特徴です

反発性能:やや控えめ

ぺんてぃ

コントロール性能を高めるために、パワーアシストは気持ち程度!

ただ全く飛ばないわけではなく、自分のパワーがボールに伝わってくれやすいからか、飛ばなくて苦労するシーンはあまりありませんでした

打てば打った分の感覚が欲しい方にはピッタリ

スピン性能:標準

ぺんてぃ

スピンがめっちゃ掛かるというよりは、自分のイメージ通りの高さを通るようにボールを引っ掛けられるという印象

相手をスピン系の高い弾道で押し込むようなぐりぐりしたボールも打ちやすいので、スピンは掛かるといった認識で間違いなさそう

ラケットヘッドにもう少し重さがあれば、もっと楽にボールを潰せてスピンが掛けられそうだなと感じました

【比較】類似・競合モデル

ブレード98CV 1619 V7

【Wilson】ブレード98 16×19 2019 インプレッション【V7.0】
前作ブレードよりも、プロスタッフとのスペック差がはっきりした印象のブレード2019

ブレードの方がラケットヘッドを回しやすく、パンチ力を引き出しやすかったように思えます

薄ラケらしからぬスピン性能、パワーが今作の売りなので一見の価値あり!!

ぺんてぃ

CX200 2018

【ダンロップ】CX200をインプレ!ガッシリ掴んで程よくしなるカッチリ系薄ラケット!!
控えめなしなり感を筆頭に、基本性能がプロスタとよく似ていたCX200

CX200の方がガツっとした打球感で、インパクト時の情報(悪く言うと雑味)が多いように感じました

打感のタイプで好みが分かれそうですが、よりボールと接触しているフィーリングが欲しければCX200の方がオススメ!

ぺんてぃ

VCORE PRO97 2017

【YONEX】ブイコアプロ97 2018 インプレッション!
がっしりした打ち応えなのに、それなりに飛んでくれたVコアプロ97

20mm厚とフレームはプロスタより薄いのに、比較的楽に飛ぶので不思議なフィーリングでした

薄ラケを使うにあたって少しでもパワーアシストが欲しい方にはブイコアプロの方がマッチ!

ぺんてぃ

【感想】プロスタッフ97CV

40代のモテ課長

薄ラケと言えば!!ってラケットを求めて、彷徨っているのですがなかなかいいラケットに出会えません。

プロスタもトラディショナルな薄ラケって感じではないですよね?僕みたいな方も使えますでしょうか?

まず今のプロスタが古き良き薄ラケか?という質問については上述通り、異なります!

あっさりとした球離れ、フェイスの撓み感は今風の打感・アシスト感に変わっています。ただフェデラーが90→97inch²にしたように、古き良き薄ラケを使ってきて方も進化のチャンスかもしれません。

過剰過ぎないけど、満足できるバランスの良さを味わってみてはいかがでしょうか?

ぺんてぃ

プロスタッフに対して勝手に高いハードルを持っていましたが、そのハードルを見事に払拭させてくれました

中厚のようなパワーはもちろんありませんが、ボールに対して無造作に打っても収まる感覚が気持ちよくスイングスピードを上げたくなる使用感!

必要最低限のアシストながらも、厳しさは取り除いた非常に使い勝手の良いモデルなので薄ラケの良さを体感したい方にオススメ!

ぺんてぃ

小売定価:¥38,000-(税抜)

ネット価格:¥20,900-(前後)

KPIが最安!クーポン利用で更に10%オフ!?

 レーバーカップモデルはこちら

ぺんてぃ

国内で売れ残ってるショップの多くが¥38,000台!

下記ショップは¥32,000-台で買える貴重なショップ

【ウイルソン】プロスタッフ レーバーカップ2019モデルに迫る!フェデラー史上初の青色ラケット!!

関連記事

【テニスラケット】2020年新作情報!【モデルチェンジ・未公開情報有】 【ウイルソン】テニスラケット 徹底比較【選び方も解説】

7 COMMENTS

さぼん

いつも楽しく拝見させていただいております。
CV搭載のラケットは、プロタッフに限らずバーンなども、打感は変わりますか?
振動止めをつけたような打感であったり、ぼやけた打感であったり、様々聞くのですが、いかがでしょうか?

返信する
ぺんてぃ

コメントありがとうございます!
CV搭載による感覚の違いはあります!おっしゃる通り打感の違いが大きいです。

振動どめをつけたまでは言い過ぎですが、これまでのウイルソンのカチッとした打感、ぐちゃっとした打感が、マイルドなバスっとした打感に寄った印象を受けています。

また振動どめを使うとインパクト音が、コーンからコンと短くなると思いますが、CVにはそこまでの変化はありません!

上記だけを聞くと悪いイメージが残りそうですが、CVが入ったことでボールが気持ち乗る感覚(ホールド感ではない)や、雑味の少ない弾き感(特にウルトラ)を感じられます。

完全な好みの問題になってきますが、従来のウイルソンユーザーの大半が好む仕様かどうかと言われると、頷けない点ではあります。そのかわりソフトな打感が好きな方には好まれると思います!

返信する
さぼん

お返事ありがとうございます。

バーン95CVが型落ちなので購入を検討しているのですが、似た打感のラケットはありますか?

CV全般にいえるソフトな打感は、2015年のピュアドライブのようなジャンルの打感でしょうか?

返信する
てるてる坊主

前作の赤黒にはディミトロフモデルの97sというのがあったようですが、今回の白黒にはなくなってしまったのですか?

また、97sのインプレお待ちしております。

ウィルソンはモデルチェンジが分かりにくい…

返信する
てるてる坊主

ありがとうございますm(_ _)m

また、この白黒の97cvは前作の黒赤のcvとどう違いますか?

どちらを購入しようか迷っています。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です