RACKET バボラ ピュアストライク

BABOLAT|ピュアストライク18×20 2020|インプレ 評価 レビュー

ポイント

  • ピュアスト18×20 使用感を紹介
  • 性能、価格等メリットを解説
  • 他競合モデルと徹底比較

[/box]

バボラの若手ティエム選手らが使用する「ピュアストライク」シリーズの18×20モデル

前作の「オレンジ・白デザイン」が「白・赤デザイン」となりました

性能も若干変わっているものの、マイナーチェンジのため「2017モデル」の使用感を踏襲しています

 

シリーズ最もハードモデル

ピュアストライク1820 2020

控えめな反発感

控えめなスピンサポート

標準的なホールド感

3

パワー

4

スピン

6

しなり感

5

ホールド感

 

まっちょなS君
「ピュアストライク18×20 2020」はどんな使用感??
前作ピュアストライクを若干スッキリさせた感じ!

じれったい感じが和らいで、気持ち良く飛ばせるようになってるよ

ぺんてぃ

本記事では「ピュアストライク18×20 2020」使用感についてまとめてみました!

 

 

【レビュー】ピュアストライク18×20 2020

  • ガシッとした打ち応え
  • 18×20なのに軌道を上げやすい!?
  • 16×19よりもパワー要らない説

「ピュアスト16×19」はスイングパワーが必要だなと感じた一方で、「ピュアスト18×20」の方が簡単と感じました

ある程度適当に叩いても入ってくれる安心感と、16×19よりも簡単に弾いてくれるので力まずにボールを飛ばせる感じがフィット

元々ピュアストライク好き・薄ラケユーザーは、優先的に「18×20」から試すのも有りだと思います

スペック

  • 基本重量:305g
  • フェイス:98inch²
  • バランス:320mm
  • フレーム厚:21-23-21mm
  • SW:334 (ガット込)
  • フレックス:RA66
  • パターン 16/19

今作からの変更点

変更ポイント

  • グロメット変更(デザイン要素)
  • マイナーチェンジのため併用可

「打ち心地があっさりした」と感じますが、2017モデルと性能的に大差はありません

可能ならば避けた方が無難ですが、前作と併用してもある程度は問題ないように思えます

 

実際に使ってみた 感想

打球感:ガッシリ系

ぺんてぃ
インパクトの底を感じられる、がっしりとした打球感が特徴!

16×19よりもフェイスが撓まない分球離れが早いので、パワーを使わなくても前に飛ばしやすい感覚があるね

面の上でボールが暴れない安心感あり!

 

弾き感:標準

ぺんてぃ
シャフトのしなり感に対して、ガットの撓みが若干抑えられている分素直な球離れ感を感じられたよ

そのためスペックに対してはそこまで厳しい印象もなし!

2017モデルよりも弾く感じが少し強くなったので、前作18×20ユーザーは楽になったな~と感じられそう

 

スピン性能:やや控えめ

ぺんてぃ
擦るイメージを持たずとも軌道を持ち上げやすい点は、最近の薄ラケのトレンド通り!

擦ることを意識するよりも、厚く当ててネット上のどこを通すかで深さをコントロールする意識を持つとミスを減らせます

 

 

ピュアストライク 1820 2020 が 合わない場合

改善点

  1. 張り上げテンションを見直す
  2. 張り上げガットを変える
  3. グリップバンドを着脱する
  4. 他モデルを探したい方は...

「ピュアストライク1820 2020」は前提としてハードスペックで敷居が高いモデル

アウトが多くても「パワー不足でボールが潰せず、抜けてしまっている」等、飛びに関する点で改善してあげる必要があります

また前作のような「ねっとり感」を追加したい方はテンションを下げて様子を見ましょう

 

メモ

①飛びを良くしたければテンションを落とす。もっとあっさり飛ばしたければ硬く張る。打感だけ変えたければ縦横のテンションを変える。

②コントロール性能や打ち応えを良くしたい方はRPMパワーRPMブラスト等の硬めで食いつきの良いモデルを試す。飛びを良くしたければ縦ナチュラルや縦横共に材質変更を検討。

③グリップバンド(2~3g)を外すとラケットヘッドが走る感覚になります。つけると球筋を抑え込める感覚になります。両手バックが振り切れていない感覚がある方は外すことをお勧めします。

④飛びを良くするならフレームの厚いモデルへ。球離れだけ良くしたければ同じスペック帯のモデルでOK

 

【比較】類似・競合モデル

ピュアストライク18×20 2017

BABOLAT|ピュアストライク16×19 2017|インプレ 評価 レビュー

続きを見る

16×19とは異なり、ピュアストライク18×20モデルに関しては2020モデルの方が若干弾きます

そのため18×20の飛びに慣れていた方からするとやや飛んでくれる楽さを感じられると思います

飛びすぎない・けど前作より楽でスピンも掛けやすいのが2020モデルの良さです

ぺんてぃ

ピュアストライク16×19 2020

【バボラ】ピュアストライク 16×19 インプレ・レビュー【2019/2020】

続きを見る

18×20よりもボールが張り付く感覚の強い16×19

自分のスイングでボールを押していけないと「飛ばない・球離れが悪い」といういわゆる薄ラケのデメリットを強く感じてしまいそう

一方でスイングパワーが適切な方が使えば、フラットドライブ気味のボールを安心感のある軌道で打ち続けられます

ぺんてぃ

ブレード98 18×20 2019

【Wilson】ブレ―ド98 18×20 V7.0 インプレッション【2019】

続きを見る

端的に言うと、楽も出来てパワーも乗せられる実践的薄ラケット!

パワー不足を感じさせない点はもちろんですが、従来のラケットにない縦方向のしなりがボールを自動的に持ち上げてくれるのでネットミスを減らしてくれるのが大きな特徴

薄ラケのデメリットと、中厚のデメリットを上手く相殺した新感覚バーサタイルラケット!

ぺんてぃ

 

【動画】ピュアストライク18×20 2020

 

【感想】ピュアストライク18×20 2020

まっちょなS君
「ピュアストライク 1820 2020」はどんな人にオススメ?
ぐわっとシャフトがよじれるようなホールド感が欲しい方にオススメ!

アルパワーのような「湿った打感」のポリと合わすのが気持ち良いよ!

ぺんてぃ

ボールをミートしながらガッシリスピンを掛けられる安心感が特徴の「ピュアストライク18×20」

ブレードとも他の薄ラケとも違う使用感は、オンリーワンのポジションで差別化もOK

ボールを潰して、自分からボールを押していけるハードヒッターの方にどうぞ!

 

シリーズ最もハードモデル

ピュアストライク1820 2020

控えめな反発感

控えめなスピンサポート

標準的なホールド感

3

パワー

4

スピン

6

しなり感

5

ホールド感

 

こんな方におすすめ

  • コントロールしやすいラケットが必要な方
  • 余計なサポートがいらない方
  • ホールド感のあるラケットが好きな方

 

最安値はコチラから

 

関連記事

【ウイルソン】ブレードプロ 18×20 2021|インプレ・レビュー

続きを見る

縦トニック<135 × 横アルパワー | インプレ・レビュー

続きを見る

【Tecnifibre】X-ONE BIPHASE|インプレ・レビュー

続きを見る

テニスラケット 新製品情報

新製品情報に関する記事はこちら

【テニスラケット】2021年 新作情報|モデルチェンジ・未公開情報

【徹底比較】黄金スペック ラケット 

「黄金スペック」に関するラケット比較はこちら

【黄金スペック】テニスラケット おすすめ 2021|比較

  • この記事を書いた人

ぺんてぃ

テニスブロガー【経歴】早稲田大学 ▶スポーツメーカー購買 ▶ RACKET LABO (月間最高39万PV/年間360万PV)【仕事】自社メディア運営、SNS運用、法人SNS運用コンサル、Webライター、テニス製品テスター 【PR】全日本ジュニア優勝経験選手と共にサイト制作をしています!!

-RACKET, バボラ, ピュアストライク

© 2021 RACKET LABO