「Penz」商品購入はコチラから!

「ゲージ」の概念理解できてる?ガットの特徴は太さで決まる!!

この記事は?
  • ガットの基礎知識を紹介!
  • ゲージによる特徴を解説!
  • 好みの太さを選ぶためには?

せっかくの良いラケットも、ガットの「太さ」で台無しになります

「自分は運動神経いいはずなのに、テニスが苦手」とか「試打のラケットと同じガットなのに使いづらい」とか「そもそも自分に合ったガットを使えている自信がない」等の悩みはありませんか?

これらの原因に「適切なガットの太さ」を選べていないから、といった例も少なくありません

≪適切なゲージ選び≫を要約すると…

  • 飛びを抑えたければ太くしよう
  • ガットを細くして変わるのは「軌道」
  • 材質ごとに基本ゲージが違う←

太さで何がかわるの?

しかも太さの違いは目視で見分けなきゃいけないの?無理じゃない?笑

陽気なA君

ぺんてぃ

太さがちがうと使用感が変わってくる!だから同じ種類でも太さが違うだけで別物になるんだ!

あとパッケージやガット本体に太さ表記があるから、そこで見分けることが出来るよ!

本記事では「ストリングの太さで変わる特徴」についてまとめてみました!

ガットのゲージの関係性

  • 太さで「飛び」が変わる
  • 太さが「ホールド感」に影響
  • テンション調整 ≦ 太さ選択

結論からいうと「ガットの太さは各性能」に大きく影響します

「細い」ガットを張り上げると「たわみ量」が増えて、トランポリン効果が強くなります。一方「太い」ガットを張り上げると「たわみ量」が減り、金網フェンスを凹ます感覚に近づきます。

ガットの太さの違いは「張り上げラケット」の総重量にも影響するので、テンション変更以上に違いが表れやすいです

ぺんてぃ

下の段落からはまず「ゲージ(太さ)の違い」による性能の違いを取り上げるよ!

その後に実際の表記の説明をして、各自で選べるような説明をしていくね!

細いガットの特徴

  • 飛びが良い
  • 打球音が高い
  • ホールド感が強い
  • 弾き感が強くなる
  • 軌道が上がりやすい
  • 面安定性が低い(ブレる)
  • 摩擦抵抗が小さい
  • 質量が小さい(軽い)
  • 切断耐久が低い
  • 性能維持耐久が低い

打球時にラケット面で「大きくたわんで、大きく戻る」トランポリンのようなイメージを持ちましょう

小さい力でもガットをたわませやすくなり、軽く打っても遠くにボールを飛ばしやすくなります

またガット同士の接地面が減り摩擦抵抗も小さくなるため、「擦るような回転」を掛けやすくなるメリットもあります

ぺんてぃ

一見すると「良さ」しかないように見えるのが落とし穴!

太いゲージの特徴を紹介した後に、その落とし穴について解説するよ!

太いガットの特徴

  • 飛びが悪い
  • 打球音が低い
  • ホールド感が弱い
  • 弾き感が弱くなる
  • 軌道が直線になりやすい
  • 面安定性が高い
  • 摩擦抵抗が大きい
  • 質量が大きい(思い)
  • 切断耐久が高い
  • 性能維持耐久が高い

打球時にラケット面が「野球グラウンドの金網」のように、局所的にたわむ(大きく撓みづらい)イメージを持ちましょう

飛びや軌道が抑えられることで、コントロールが良くなるメリットが大きいです

全体的に「操作性」が落ちる一方で、ショット自体のミスが減る傾向になります

ということは、パワーを求めるなら「細く」して、コントロールを求めるなら「太く」すれば良いってこと?

陽気なA君

ぺんてぃ

概ねあっているけど、もう一歩踏み込んだ解釈が必要なんだ!

太くした方がパワーが上がるケース、逆に細くした方がコントロールが良くなるケースもあるよ!

ガットとボールの関係性

太いと…ボールを「潰しやすい」
→飛ぶし、よく落ちる

 

細いと…ボールを「潰しづらい」

 →飛ばないし、変化も小さい

ボールの飛びは「ガットのたわみ」以上に、ボールが潰れて復元する際の「パワー」が重要になります

「トランポリン効果」だけでなく「ボールを潰せるか」という要素にも「ガットの太さ」は影響するということです

「潰す」という項目においては、太いガットの方が優位です

そしたらどっち使っても一緒にならない?

陽気なA君

ぺんてぃ

一緒にはならないよ!

けどこの「2要素」を頭に入れておかないと、ゲージ選びで苦戦をするんだ!解説するよ!

壁を超え、枠内に収める競技

  • テニスは遠投競争ではない
  • スピード勝負でもない
  • ラリー性の対人競技

前提、テニスは「1球でも」多く相手コートに返し続けた方が評価される競技

どれだけ遠くに打てるかでもなく、どれだけ早いボールを打てるかでもありません

故に、返し続けるだけのシコラーが強かったりもするわけです

ぺんてぃ

ただ「遠くに打てるくらいの、めちゃくちゃ早いボール」を枠内に収めたら「有利」なのは間違いないよね!

↑↑ここめっちゃ重要!!

良い球質を打つための選択

  • ガット面を効果的に使う?
  • ボールを潰して有利になる? 

「プレーの質を向上させる=いい球を安定的に打つ」というゴール設定には違いありません

これを実現するには、主として「ガット面でパワーを出す」or 「ボールの復元力でパワーを出す」か決めなければなりません

ガットの太さを選ぶことは、結果的に自分のプレー属性を選ぶことに繋がってきます

スイングパワーで決める

  1. 「安定的に早くスイングできる」→ボールを潰しやすいセッティングから調整する
  2. 「ゆったり振ってボールを飛ばしたい」→ガット面をたわませやすいセッティングから調整する

①なら太めのガット、②なら細めのガットを選び、そこから微調整していくのが好ましいです

実際は「ボールを潰しながら、トランポリン効果もちょっと使う」人や、「ボールを少し潰して、トランポリン効果でボールを飛ばす」混合型のタイプの方が多いです

細かいフィーリングを合わせていくためにも「自分はどっちのタイプ」なのか、この際はっきりさせておきましょう!

ぺんてぃ

最後の段落では「実際のゲージ表記」と材質の違いによる選び方を解説するよ!

読むのが疲れたころだと思うけど、もう少しで解決!がんばろう!!

実際のゲージ選び

  • ナイロンガットを基準にする
  • 細め…125~130ゲージ相当
  • 太め…130~135ゲージ相当
  • ポリはそこから「-0.05mm」

各種ガットは125ゲージを基準に作られていますが、材質によって全然飛びが異なります

そのため、まずは「ナイロンガット」を基準に合うゲージを見つけてみましょう

ポリ(ポリエステルストリング)ユーザーは、その適正ゲージから「マイナス0.05mm」したポリガットを選ぶと良いです

注意
ガット表記は「日本表記」か「アメリカ表記」か「ヨーロッパ表記」かで記載方法が異なります!

下の表から「2つの数字」を当てはめて、パッケージや商品説明欄をチェックしてください

ゲージ表記 違い

ゲージ早見表

【日本】:【米】:【EU】

120ゲージ:17:18

125ゲージ:16L:17

130ゲージ:16:16

135ゲージ:15L:15

130ゲージを基準にしてほしいのは「アメリカとEU表記が合致して便利だから」という理由もあります

「130ゲージ=16ゲージ」とだけ覚えておきましょう

「数字が大きくなる=細くなる」「数字が小さくなる=太くなる」というのは共通のルールです

ゲージを見つけてからが「本番」

合ったガットを見つけるためにまずは「ゲージ」の理解が重要です

ゲージについて理解しておくと、いろんなガットに挑戦すると遠回りせずにお金の節約にも繋がりますね

次回シリーズでは、自分に合ったガット選びについて引き続き考察していくよ!

そっちもあわせて見てね!

ぺんてぃ

関連記事

【ガット】冬場でも硬くないポリ?ソフトなポリをこれ!【ラケットラボ】 テニスガットを1張800円以内に抑えたい貧乏テニスプレイヤーに告ぐ!オススメはこれだ!!

【横ポリ】ダブルスプレイヤー向けハイブリッド【完全解説】

テニスラケット 新製品情報

【2022年】テニスラケット 新作情報|モデルチェンジ・未公開情報

新製品情報に関する記事はこちら

【徹底比較】黄金スペック ラケット 

【黄金スペック】テニスラケット おすすめ 2021|比較

「黄金スペック」に関するラケット比較はこちら

14 COMMENTS

大久保 龍

色々読ませて頂き、参加にさせて頂いています。
中学時代のテニス経験から最近、1年半前からテニスを再開しました。
ピュアドライブを使っていますが、2012モデルが打感が良いと言う事でオークションで購入しました!
べんてぃさんがオススメのガットを知りたいです!
当方66歳ですが、痩せ型ですがかなり柔軟性はあり、動けます。
ひとつアドバイス頂けたら嬉しいです!

返信する
ぺんてぃ

ひとつと言わずにいくつでも大丈夫です!笑

素晴らしい体型維持ですね!
その体型・体力の維持とパワーを求めるセッティングが良いと思います。具体的にはピュアドラ2012と合わせるならば、ゴーセンのミクロスーパー16Gを48P以下からスタートすると良いと思います!
おそらくミクロスーパー(ナイロンモノフィラメント系)の45Pで位で落ち着くか、マルチフィラメント(アディクション、エアロンスーパー)あたりに落ち着くと思います!
楽しく快適に、かつパワフルな球を打つためにまずはゴーセンのミクロスーパー16Gを48P位でお試しください!

また使用感をフィードバック頂ければ追加でアドバイスさせて頂きます(^^)

返信する
大久保 龍

べんてぃさん!早速のお返事とても嬉しいです!
私は40年程ヨガをやっているので、そんな運動力学的な正しさを表せたら良いなぁと企んでいます!
テニスを始めるにあたってオークションで分からずに買ったのがピュアドラ2009だったんです。
サーブなどでもパコーン!っと快音がします。敢えて震度止めは付けたく無いです。
ある時、凄い振動が腕に来ている事を知り、2019ピュアドラ107を買いました。分からずにXCELLの125を張ったら使いにくいし物足りないし。
そんな時べんてぃさんの文章を読んで、色々試してみようと思いました。
また、宜しくお願いします!礼。

返信する
はなや

ベースライン近くに立ってライジング(速いテンポ)で打つプレースタイルなのですが、こういったプレースタイルには細ゲージと太いゲージどちらの方が良いのでしょうか?ちなみに筋力はそこまでない学生プレーヤーです。

返信する
ぺんてぃ

ライジング系の僕の知り合いは太いガットを好む傾向がありますね!
なぜかというとスピンをかけるのに神経を使わなくても収めやすいからです!
黄金スペックなら130ゲージを僕は勧めます!

テンションは2ほど落とすといいです!

返信する
はなや

返信ありがとうございます!またこのプレースタイルで、130のゲージでおすすめのガットはありますか?

返信する
池田

いつも参考にさせていただいております。

ラケットをボックス系からアエロプロドライブ/ピュアアエロに変更しました。ラケットのパワーがあるのでガットは130ゲージを中心に試しているのですがなかなかフィットするものがなく(アウトミスが多発)。ハイパーG130が今のところ一番安心して使えたのですが、同じような飛距離のガットがあれば教えて欲しいです(飛びと柔らかさスピンすべて良かった?)ブラスト135だと弾くけど飛ばない?という違和感でダメでした、、、。

もともとソフトテニスをやっていたのでアウト問題は課題なんですが、バックハンドを考えると飛ばないセッティングだとやはり厳しいのでなかなか悩ましいです。

返信する
ぺんてぃ

バックハンドは片手でしょうか?ゲージの変化でもぶっ飛ぶ感じでしたら、道具による調整はテンションかハイブリッドにすると良いと思います!

縦ポリで試してみてください!

返信する

いつも参考にさせていただいております。
現在ピュアドライブ2021にrpmラフを張っております。
125ゲージで飛びすぎを感じたため130ゲージを試したところ、ストロークは収まりがよくなり自信を持って振っていけるようになりました。
一方、ボレー時の取り回し、タッチがやや重くなりボレーは125が良かったと思いました。
ストロークの飛び感はそのままで、少しボレーの感覚を調整できれば良いと思っているのですが、ぺんてぃさんであればどのようなセッティングをしますか?
ガットの種類問わずおすすめのセッティングがあれば教えていただきたいです。

返信する
ぺんてぃ

太いゲージの良さ・悪さを両方感じた形ですね!

ぼくなら横糸にブラスト130やRPMパワーを張ってみると思います!
もしくは縦糸のテンションをさげる(横井とのテンションも上げても良い)で、もう少し飛びor弾きを良くする方法もあります。

球離れを早くしたかったらプレストレッチをしてもいいかとおもいます!

返信する

返信ありがとうございます、試してみます!
また、rpmパワーを張る場合はゲージは何を選んだほうがいいでしょうか?

返信する

重ねて申し訳ありません。
同種のガットで縦横ゲージ違い(縦130横125、縦125横130)ではどのような使用感になりますか?

返信する
ぺんてぃ

また記事にて解説しますが、おおまかに縦糸が飛び、横糸が打感に大まかに影響します。

↑ありきたりな説明に聞こえますが、100種近いハイブリッドセッティングを試した結果の回答です。

そのため縦糸が太い時は飛びが抑えられ、横糸が太いときは飛びは125にちかく打ちごたえの強さが130に近づきます。

さらに細かく言うと縦130のときは球質は変わってない(はず)なのに若干安定感が出る代わりに引っかかりがわるく、逆に横130の時はフォア・サーブ・ボレーのうちごたえ・飛び・安定感は大幅に伸びますがガットを強く撓ませれないときのストロークのコントロールが難しくなります

また詳しくまとめます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です