GUTS ガット・ストリングコラム

テニスガットを1張800円以内に抑えたい貧乏テニスプレイヤーに告ぐ!オススメはこれだ!!

テニスってめっちゃ金かかるわ~

なんて悩みは真剣にテニスをすれば誰しもが当てはまるもの

大体こんな感じではないでしょうか??

陽気なA君
僕は学生だから高くても1張1500円+張り代が限界

1500円の単張りガットってほとんどないからロールで一発勝負しなきゃならないのが悩み[/st-kaiwa1]

まっちょなS君
俺は社会人3年目!

ナチュラルこそ張れないけど、他のガットだったらある程度は試せるね。けど決めたらロール運用したい[/st-kaiwa1]

[say name="40代のモテ課長" img="https://racket-labo.com/wp-content/uploads/2019/09/40代のモテ課長.jpg" from="right"]私の予算は...正直上限ないけど、使いやすくて勝ちやすい製品でなるべく安ければいいかな[/st-kaiwa1]

上記のように予算感は人それぞれ違うので、「あの人が安いって言ってたけどコスパ悪!!」ってなってしまうんですね

だからこそ値段で区分を作るのがベストかなと考えたわけです

本記事では800円で張れるガットとは何?をテーマに、安いのに使用感も良いコスパの良いストリングについてまとめてみました

[alert title="注意"]本記事はガット消耗が早い方向けの記事になります

そのため紹介する製品のほとんどがポリに該当します[/alert]

800円で張れるテニスガットについて

  • 安いガットの受け入れるべき欠点
  • 800円なのに高級ガットに劣らない点
  • 安いのに性能も良いガット例
[st-kaiwa1]そもそも安さを求めている時点で、何かを犠牲にしなければならない点が確実にあります

それが耐久性なのか?打感なのか?スピンなのか?

どれを犠牲にしていくべきか、僕なりの考えもまとめていきます[/st-kaiwa1]

 安いガットの欠点とは??

ガットを安く出来る訳

  • 製造原価が安いから
  • 売れていないから
  • めっちゃ売れるから

まず前提として安いガットは何故安く出来るのか?と言う理由は、大まかに3つ

製造コストが安いから、売れていないから、「めっちゃ売れるから」のどれかなんです

基本的に前者の2つの割合が90%を占めるのがテニス市場だよ、ってことをイメージとして覚えておいてください

単張~800円ガットの欠点

明言しておきますが、単張りで800円を切るものには必ず欠点があります

つまり安いガットを探す方は、前提としてハズレを引く覚悟も必要

しかしながらめっちゃ売れているものから探すとアタリな物が多いです

覚悟すべきデメリットとは?

購入ガットがアタリかハズレかを決めるのは、実際に5分くらい打たないとわからないものです

ちなみに800円ガットのハズレ品は以下のデメリットを抱えている事が多いです

  • 頻繁にガットが切れるor角切れ
  • 打感がぼそぼそor硬い
  • テンション維持悪い
[st-kaiwa1]コストの代わりに「どのデメリットなら許容できるか」という視点で探してみよう![/st-kaiwa1]

800円ガットのメリット

コスパ+切断耐久性

ポリに関しての話ですが、角切れしなければめっちゃ耐久性が高いのがメリット!

これらのポリはクラシカルポリと言われる部類の物で、世代で言うと第一世代~第二世代と呼ばれるガットたち

現在の人気ポリは柔軟剤の添加or表面加工によって消耗しやすいのがデメリットなので、クラシカルポリはこれらのデメリットを補うことが出来ます

インパクトがボケない

安いガットのほとんどが硬く、硬い故に張りたて時は「ガチっとした」打ち応えのある打球感が特徴です

現在の20代後半~30代後半くらいの方が学生・ジュニアだった頃に愛用していたケースが多く、この年代の方は今でも硬いガットを好む傾向があります

芯のある打ち心地なので、シビアな打感を大事にする方にもOK!

コントロールが良い

高級ガットにも劣らないストロングポイントはコントロールの良さと明言します

ガットの挙動がシンプルなので、変に飛びすぎたり・回転が掛かりすぎたりと言ったことが一切ありません

要するに飛ばないから打ち分けやすいとも言えます

~800円の推しガット例!

リベンジ:¥299~

[st-kaiwa1]・プロも愛用した名品!

・反発性、スピン性能good

・テンション維持は悪い[/st-kaiwa1]

バボラがプロハリケーンツアーの後に出した、深紅のポリエステルストリング!その名も「リベンジ

世界No.1経験のあるウォズニアッキも長年使用し、実績としては十分で定価2500円程度で発売されましたが「全く流行らず」

過剰在庫になっているため安売りしているのではないでしょうか?世間的にハズレ枠とされていますが、個人的にリベンジが最もコスパ最強のポリだと思います

ポリプラズマ:¥533~

[card2 id="1030"]

[st-kaiwa1]・プロも認めるテンション維持

・反発性高め!

・スピンが掛かりづらい[/st-kaiwa1]

今も30人に1人くらいの確率で使われているポリプラズマ

派手なオレンジ色が目を惹き、プロハリケーンツアーと同時期に人気を集めた名品です

テンション維持の高さが強み!その代わり張りたて時の打感が硬い・先切れユーザー多発といったデメリットも。先切れが少ない方向け

ミクロスーパー:¥780~

[st-kaiwa1]・実績のあるナイロンの王様

・過去トップ学生多数使用

・ポリよりも耐久性に劣る[/st-kaiwa1]

誰しもが一度は聞いたことがあるミクロスーパーも、~800円ガットの一員!

正直ナイロンは安かろう、悪かろうの傾向が強いので800円ガットとして推す事の出来るナイロンはこれだけ

ナイロンの主力製品の価格帯は¥1,500~¥2,800あたりなので、安くて良品質なナイロンガットを使いたければミクロスーパー!!

プロハリケーンツアー:¥730~

[card2 id="225"]

[st-kaiwa1]・¥800ガット最推しモデル

・コントロール、スピンが優れる

・欠点は硬めな打感[/st-kaiwa1]

個人的に最も愛用期間、張り回数が多いプロハリケーンツアー

今時のポリに比べると硬めですが、高性能なスピン・ちょうど良い飛びを求めるなら最もハズレ感の少ないガットだと思います

テンション維持も平均的なので、¥10,270~でロール購入できる点も踏まえて普段使いには最適!

ポリツアープロ:¥700~

[card2 id="1040"]

[st-kaiwa1]・学生+女性人気

・衝撃感の少ないソフトな打感

・柔らかすぎて飛び悪い?[/st-kaiwa1]

言わずもがな、人気ガットTOP10にランクインしてくるだろうポリツアープロ

蛍光黄色が特徴的でしたが、黒色・ピンク色加入により更に人気が出たポリになります

パスっとしたソフトな打感は反発性を極端に無くすので、自分の球の出には要注意!

ブラックヴェノム:¥710~

[st-kaiwa1]・ベテラン勢の強い味方

・柔らかいナイロンに近い打感

・テンション維持悪め[/st-kaiwa1]

他の人気ポリと違いポリエチレン材質の、柔らかい系ポリストリング

完全に偏見ですが学生の使用率は殆どないのに対し、40代以上の男性に根強い支持を受けているイメージがあります

ガツっとした打感が苦手・身体への負担も気にするけど、ポリ特有のスピン性能を使いたいという方が気に入る傾向

意外と優れたラインナップ!

[st-kaiwa2]

いざラインナップを見てみると、優れた名品ばかりでびっくり!

ロールカットってだけでこんな安いんですね![/st-kaiwa1]

ロールカット→ロール運用

この流れが最もコスパ良いよ!後はショップの張代や持込料と相談だね!

ぺんてぃ

専門店への持ち込みだと1500円前後の張代になることがほとんど

これが高いか安いかは専門店のストリンギング技術や、日頃の付き合いの兼ね合いにも左右されると思います。上手に忖度してネット利用するのがいいですね!

尚、最も安いのはストリングマシンを買って自分で張ることが、価格的にはベストです

ぺんてぃ
別記事にて800円~1500円でのコスパ良ガットについても特集します!

お楽しみに!!

関連記事

[card2 id="4837,4075"]

youtubeも始めました!動画でインプレを見たい方はチャンネル登録もどうぞ!

ラケットラボTV

  • この記事を書いた人

ぺんてぃ

テニスブロガー【経歴】早稲田大学 ▶スポーツメーカー購買 ▶ RACKET LABO (月間最高39万PV/年間360万PV)【仕事】自社メディア運営、SNS運用、法人SNS運用コンサル、Webライター、テニス製品テスター 【PR】全日本ジュニア優勝経験選手と共にサイト制作をしています!!

-GUTS, ガット・ストリングコラム

© 2021 RACKET LABO Powered by AFFINGER5