RACKET エクストリーム ヘッド

【HEAD】エクストリームプロ 2020|インプレ・レビュー

ポイント

  • エクストリームプロ 2020 使用感は?
  • 性能、価格等メリットを解説
  • 他競合モデルと徹底比較

スピン系モデルの定番「エクストリーム」

独特なフォームから繰り出すヘビースピンとタッチセンスが輝る、ガスケ選手が使うシリーズです

Embed from Getty Images

前作より硬いフレームにリメイクされ、より「中厚系」らしいモデルになりました

まっちょなS君
「エクストリームプロ 2020」はどんな感じのラケット?
MP以上のショットの安心感と、一定の深さにきちんと落ちる高いスピン性能が魅力!

ぶん回すよりも、ゆったりとしたフォームでボールを潰したい人に最適だよ!

ぺんてぃ

本記事では「エクストリームプロ 2020」使用感についてまとめてみました!

【レビュー】エクストリームプロ 2020

  • 「黄金スペック」ど定番
  • 飛んで掛かる 楽ちんスピン
  • ストローカー イチ推し!!

「エクストリームPRO 2021」は打ち負け感が少なく、ラリー展開において圧倒的な安定感を誇るモデル

315gという重めの重量に硬めのフレームが影響し、決して簡単なラケットではありません。ただスイングパワーさえあれば初動のしんどさも関係なく、手堅いテニスから強引に攻めるテニスにスイッチも出来ます。

間違いなく「競技志向」の方が好むラケットと言えます

メモ

  • ラケットの取り扱いはやや難しい
  • デメリットを補うレベルのパワー
  • 守備的なテニスにも向いている

デザイン

パステルイエロー × ネイビー 色の「エクストリームMP 2020」

「黒×黄色」の前作と比べると「落ち着いて上品さのある」仕上がりになったと感じます

ぺんてぃ
他社にもなかなかない色使い!

黄色ガットと合わせるとバランスが良く、映えるよ!

スペック

  • 基本重量:315g
  • フェイス:100inch²
  • バランス:315mm
  • フレーム厚:23-26-21mm
  • フレックス:RA66
  • SW:331
  • 長さ:27inch
  • パターン:16/19
ぺんてぃ
前作よりフレックスが3ポイントアップ!

前作で感じたパワーロス感は「フレックス3ポイントUP」で解決されたのかも!

打球感:ガッチリ系

  • 若干たわむが、しならない
  • ダンプ無→パーン
  • ダンプ有→バシュ

MPにはないボールの潰れ感感じる、しっかりした打球感

重量が増えたことによりしっかり球が潰せるため、不用意に飛びすぎてしまう心配が減るフィーリング

MPよりもややしっとりした感じが個人的にも好みでした

ぺんてぃ
ピュアドライブツアーと似たような感覚!

しっかりインパクト出来た時は特に気持ちよい!!

弾き感:標準

  • MPよりも弾き感は控えめ
  • ボールの飛びは結構良い
  • 暴発する感じが少ない

中厚ラケットのデメリットでもある「暴発のミス」が少ないのが印象的

打球の深さが一定になりやすく、無理せずに深くに飛ばせるパワーがあればミスを抑制しやすいとも言えます

楽に飛んではくれませんが、自分で飛ばしている感覚を大事にする方にもいいですね

ぺんてぃ
黄金スペックに完全になれた方からすると「意外と」飛ばないと感じそう

ただ飛ばないモデルの方が球際でのコントロールはし易いよ!

引掛かり感:やや強め

  • ボールを持ち上げやすい!
  • MP同様、軌道も上がる
  • スピン系モデルの決定版

ボールをぶっ潰して掛ける回転が気持ち良い!!

ジョリっと回転の掛かる感覚はもちろん、エッグボール的にぐいっと球が落ちてくれるのでストロークが楽しく感じます

勝手に引っかかってくれる感触もあるので、半自動的にスピンが掛かってほしい方にもおすすめ

ぺんてぃ
ナイロンを使えばスイングパワーの部分を補える!

意外とマルチ系のナイロンとの相性も良かったよ!

エクストリームプロ が 合わない場合

注意ポイント

  1. ラケットが重い
  2. ラケットヘッドが走らない
  3. ボールが飛ばない

「エクストリーム プロ 2020」はスピン系黄金スペックをより競技者志向に寄せたモデル

フレーム重量があるため「振れないと難しいラケット」であることは間違いありません

メモ

①手元重量を増やして取り回しを良くする

②リードテープを2~10時位置に過重。計2gずつから様子を見ましょう

③ポリ→ナイロン。これだけでもだいぶ楽になります

【比較】類似・競合モデル

ヘッド:エクストリームプロ 2018

【ヘッド】エクストリームプロ 2018をインプレ!めちゃめちゃえぐい高弾道スピンボール量産機!!

2018年秋冬に発売されたグラフィン360のエクストリームシリーズ。 発売されたてのラジカルと同タイミングで使用できました。 めっちゃ試打中 pic.twitter.com/TnzWa430Gf — ...

続きを見る

2018モデルはより「ラケット面の撓み」を強く感じられるのが特徴

パワー不足感があった前作MPとは違い、プロはホールドしながらもボールを飛ばせるフレームパワーが良い感じに搭載されていました

今作の方がよりあっさり弾くため、食いつきを大事にする方は前作でも良いかも

試打会で使ったベロシティマルチ(ナイロン)との組み合わせはマジで使いやすかった!

パワー不足の方試してみてね!

ぺんてぃ

ヘッド:エクストリームMP 2020

[card2 id="6587"]

エクストリームプロとMPで迷うべきポイントは「操作性と反発性能」

MPの方がバックハンドが楽に飛ばせたり、ラケットだけで弾いて飛ばせる感覚があります

薄ラケを特に使ってみた経験のない方は「MP」の方が無難!

エクストリームMPは癖の少ない中厚ラケット!

パワーアシストも過剰ではないので、自分に合ったラケットがわからない方にもオススメ!

ぺんてぃ

ヘッド:プレステージプロ 2020

【HEAD】プレステージPRO 2020 グラフィン360+ インプレ【比較・レビュー】

ポイント プレステージPROのレビュー 競合品や類似品と徹底比較 最安値で購入したい方必見! [/box] 2020年1月に発売されたヘッドからの新製品! グラフィン360+搭載のプレステージ2020 ...

続きを見る

失速感少なくフラットドライブ系で攻めたい方は「プレステージプロ 2020」

エクストリームプロとスペックは似ていますが、プレステージの方が薄ラケらしいショット精度を感じられます

ベースラインに張り付かずにガンガン攻撃的なテニスをする方に好まれやすいラケットです

芯でとらえた時の気持ち良さが「プレステージ」らしい打感

とはいえ昔のモデルよりかなり簡単に感じるよ!

ぺんてぃ

【評価】エクストリームプロ 2020

まっちょなS君
MPとプロで迷っている方に1言ください!!
迷いが断てない方は扱いやすい「MP」の方がいいかな?

けど体力に自信があって、打ち負けないテニスをしたいなら「プロ」が最適!

ぺんてぃ

打ち負けない安定感と、攻めにスイッチしても十分に戦えるパワーが魅力の「エクストリームプロ 2020」

コントロールを重視して「プレステージプロ」を使うか、パワーとスピンを重視して「エクストリームプロ」を使うか迷う契約選手も一定数いるようです

プロも使用する正統派スピンモデルを使いこなしたい、競技者の方に特にオススメ!

「最安値」はコチラから

関連記事

【HEAD】プレステージPRO 2020 グラフィン360+ インプレ【比較・レビュー】

ポイント プレステージPROのレビュー 競合品や類似品と徹底比較 最安値で購入したい方必見! [/box] 2020年1月に発売されたヘッドからの新製品! グラフィン360+搭載のプレステージ2020 ...

続きを見る

【HEAD】スピードMP 2020|インプレ・レビュー

ポイント スピードMP 2020 レビュー情報 競合品や類似品と徹底比較 最安値で購入したい方必見! 2018モデルのカラーを反転させてモデルチェンジした「スピード2020」シリーズ カラー変更だけで ...

続きを見る

テニスラケット 新製品情報

新製品情報に関する記事はこちら

【テニスラケット】2021年 新作情報|モデルチェンジ・未公開情報

【徹底比較】黄金スペック ラケット 

「黄金スペック」に関するラケット比較はこちら

【黄金スペック】テニスラケット おすすめ 2021|比較

  • この記事を書いた人

ぺんてぃ

テニスブロガー【経歴】早稲田大学 ▶スポーツメーカー購買 ▶ RACKET LABO (月間最高39万PV/年間360万PV)【仕事】自社メディア運営、SNS運用、法人SNS運用コンサル、Webライター、テニス製品テスター 【PR】全日本ジュニア優勝経験選手と共にサイト制作をしています!!

-RACKET, エクストリーム, ヘッド
-,

© 2021 RACKET LABO Powered by AFFINGER5