「ぺんてぃダンプ」購入はコチラから!

【トロライン】キャビア 120&124ゲージ 違いとは?|比較記事

[st-midasibox-intitle title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” myclass=””]
  • キャビア124ゲージ の使用感は?
  • 120ゲージとの違いを解説
  • その他競合モデルとも徹底比較
[/st-midasibox-intitle]

トロラインから発売中の人気商品「CAVIAR / キャビア」

キャビアのメインゲージ「120」の使用感は以下の通り

陽気なA君

キャビア120と124は具体的に何が違うの
違いは「飛びと打感」

ぼく個人は「124ゲージ」の方が好き!

ぺんてぃ

本記事では「キャビア124」の使用感を中心に、「120ゲージとの比較」についてまとめてみました

[st-mcbutton url=”https://toroline.stores.jp/” title=”ご購入はコチラから” rel=”” fontawesome=”” target=”” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontweight=”bold” fontsize=”120″ width=”90″ fontawesome_after=”fa-chevron-right” shadow=”#388E3C” ref=”on” mcbox_bg=”#fafafa” mcbox_color=”” mcbox_title=”話題の「トロライン」ストリングス” beacon=””]使い切りやすい100mロールも販売中[/st-mcbutton]

【レビュー】キャビア124

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 120より飛びを抑え込める
  • 強めのホールド感は健在
  • 中厚ラケットには「124」推し?
[/st-mybox]

CAVIAR / キャビアは、オールコートプレイヤー向けに設計された六角形型のストリング。従来のポリストリングと比較して、スピンを体感できるような設計。

「オールコートプレイヤー向け、スピン」に拘った商品。

TOROLINE:CAVIARの説明より

キャビアは日本人が好む「衝撃感の抑えられた打感」が特徴

124ゲージは120ゲージよりも「はっきりした手応え」を感じ、ボールの深さを自分の意図で調整しやすい感触がありました

特徴的なホールド感は変わらず使い勝手は良いで、中厚系の飛ぶラケットを使う方には「124ゲージ」がおすすめ

打球感:パスパス系

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 重めのパス~モチっとした打感
  • 引っかかる感触、ホールド感
  • スピン系のユーザーが好きな打感
[/st-mybox]

ボケてはいないが「ソフトな打ち心地」が前面に出たポリエステル

軽く振ってもフェイスが撓んで飛ぶ120と違い、スピンコントロールで飛び調整を意識しすぎなくてよい安心感がありました

スピンを多用する方には「安心感がある」を強く感じられると思います

張り付くけど、ボールが暴れない感触なのがgood!

ぺんてぃ

反発性能:標準

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 120よりコシが強い感覚
  • 弾き感は120よりも控えめに
  • 飛び調整は非常にしやすい印象
[/st-mybox]

キャビアの120ゲージ以上に「コントロールしやすい」と感じました

120はガットが柔らかい分「ボールを受け止める感覚が強かった」ので弾く感触は控えめでしたが、124ゲージはガットにハリが出た分弾かせやすい傾向

飛びすぎる心配もないため、ピュアドラに合わせて使いやすかったのは124でした

ボールを潰しやすくなったぶん、ボール自体の空気圧も使って飛ばせるイメージ

それもあって力の出力の誤差が減ってくれた感触があったよ

ぺんてぃ

スピン性能:高め

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 120並のスピン性能
  • 回転量自体は減るが、安定感UP
  • よりフラットドライブ系で打てた
[/st-mybox]

打ちジコりのしやすさが特徴で、ミスを減らせる安定感が強み

120ゲージは「エースを狙える球威」という点でアドバンテージがありましたが、124はテンポよく速い球を打ち続けられる点で優秀です

従来の人気スピンポリと互角以上のスピン性能と断言できます

ピュアドラ2018との組み合わせはばっちり!

2021モデルにも試したい!!

ぺんてぃ

テンション維持:やや控えめ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 張り上り自体がやや柔らかめになる
  • 打感変化は従来「パスパス系」よりマシ
  • 2週間で張り替えたい…?
[/st-mybox]

ゲージが太くなっても、素材自体が変わらないためテンション維持は気になります

ただ「ポリツアープロ」「TCS」のように如何にも伸びて打感が変わる、までは感じません!

パフォーマンスを維持するために、こまめに張り替えることを勧めます

120ゲージよりかは「1~2回の練習」くらいはマシかな?

切れるのが早い僕が、ギリ耐えられるくらいかな

ぺんてぃ

[st-mcbutton url=”https://toroline.stores.jp/” title=”ご購入はコチラから” rel=”” fontawesome=”” target=”” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontweight=”bold” fontsize=”120″ width=”90″ fontawesome_after=”fa-chevron-right” shadow=”#388E3C” ref=”on” mcbox_bg=”#fafafa” mcbox_color=”” mcbox_title=”話題の「トロライン」ストリングス” beacon=””]使い切りやすい100mロールも販売中[/st-mcbutton]

キャビア120 が合わない方

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  1. 飛びすぎる感じがある方
  2. スピンは掛かるが球は伸びない方
  3. 耐久性を重視したい方
[/st-mybox]

一般的なゲージ選び同様「飛ばなさが気になる」方は120ゲージを選びましょう

とはいえ124ゲージ自体もそこまで硬さがしんどい部類ではないため、使えない方も少数かなとは思います

メモ

①硬く張ると「弾きの良さ」が強調されるかも。緩めに張るのをお勧めします

②スピン過多の典型。ゲージを太くしましょう

③緩く張ると切れづらくなりますが、ゲージを太くするのが現実的

【比較】類似・競合モデル

ハイパーG:ソリンコ

[st-card myclass=”” id=”792″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

ハイパーGは特にスピン性能とテンション維持に優れたモデル!

価格帯も相場より低めなので「困ったらこれ!」って感じで自信をもってお勧めできるポリストリングです

「色」を除けば、ポリ好きユーザーにはまず使って欲しいガットです

キャビアよりハイパーGの方が少し硬め!

打ち応えが欲しい人はこっちかな??

ぺんてぃ

ポリツアープロ:ヨネックス

[st-card myclass=”” id=”1040″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

衝撃感少なめ「パスパス系ポリ」界の王様

安い × 性能良い× プロ使用率高、と三拍子そろっているため非常に人気が高いモデル

スピンをしっかり掛けるタイプには合いませんが、ボールをしばくフラットドライブ系の人からの評価が高いです

ポリツアープロを使ってたけど、もっと軌道をあげたい・スピンを掛けたいという方は「キャビア」は合うと思うよ

ぺんてぃ

【感想】キャビア124


陽気なA君

ぺんてぃさん、キャビア124気に入ってます?(笑)

太くなったのがよかっただけでは?

そもそも太いゲージ(125ゲージ前後)が好きなのは確か!

それもあってキャビア124は使いやすかったよ!けどそもそもキャビア自体が僕は好き!

ぺんてぃ

スピンコントロールのし易さに「ボールの潰し感」も感じやすくなった124モデル

各項目平均以上の能力に加え、特別嫌な点も見つからないため「フレームの性能」を探るのにも良さそうです

「インプレ用」「個人使用」にも愛用したいなと思わせてくれた「キャビア124」おすすめです!!

[st-mcbutton url=”https://toroline.stores.jp/” title=”ご購入はコチラから” rel=”” fontawesome=”” target=”” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontweight=”bold” fontsize=”120″ width=”90″ fontawesome_after=”fa-chevron-right” shadow=”#388E3C” ref=”on” mcbox_bg=”#fafafa” mcbox_color=”” mcbox_title=”話題の「トロライン」ストリングス” beacon=””]使い切りやすい100mロールも販売中[/st-mcbutton]

関連記事

[st-card myclass=”” id=”6386″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””] [st-card myclass=”” id=”6377″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

テニスラケット 新製品情報

新製品情報に関する記事はこちら

【テニスラケット】2020年新作情報!【モデルチェンジ・未公開情報有】

【徹底比較】黄金スペック ラケット 

「黄金スペック」に関するラケット比較はこちら

【黄金スペック】テニスラケット おすすめ 2020!【厳選比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です