RACKET ウイルソン ブレード

【ウィルソン】ブレード98CV 16×19をインプレ! トップ重めの競技系薄ラケット!

ウィルソン内のモデルでプロ使用率が最も高いブレードシリーズ

ブレード使用選手は総じてBLADERと呼ぶそう!

本記事ではブレ―ド2017の16×19の使用感についてまとめてみました

新作のブレード16×19のインプレについて知りたい方は下記記事からどうぞ!

[card2 id="4206"]

【動画】ブレード98CV 16×19

  • 薄ラケらしい使用感
  • 重めのトップが他機種と差別化
  • カウンターがし易い!?
ぺんてぃ
薄ラケらしさにトップの走らせ易さが特徴

意外にもディフェンス時が強かった!

スペック:ブレード16×19

  • フェイス:98inch²
  • 基本重量:304g
  • バランス:325mm
  • フレーム厚:21mm
  • SW:326 (ガット込)
  • フレックス:RA66
  • 全長:27inch
  • パターン:16/19

性能別:感想・レビュー

打球感:マイルド系

ブレードらしい主張しすぎないしなり感と、ホールドしすぎないマッタリした打感

強いインパクト時にはガッシリした打感が出るので、ブレードの打感が好き!という方は鋭いスイングをされる方ではないでしょうか?

前作の2015モデルようなグニャっとした柔らかいフィーリングとは異なるので、その点のみ注意!

弾き感:やや控えめ

トップヘビーな分ラケットヘッドが早く回るため、ボールをしばく感覚有り!

潰した分だけボールが飛ぶフィーリングで、ラケットが勝手に弾いてくれる印象はありません

ただ、あれこんな飛んだっけ?って思う事は多々あったので、そこまで使用ハードルは高くないんじゃないかなと思いました

引掛かり感:やや控えめ

スピン自体は掛けられるし、潰す打感も悪くない

ただフォアハンドでもう少し軌道が上がれば良いなと思ったし、持ち上げたい時に抜けて飛んじゃうことがしばしば

強いインパクトはいいけれど、弱いインパクト時に少し回転を掛けて入れるのにコツが必要でした

類似・競合モデルとの比較

ピュアストライク16×19 2017

[card2 id="3478"]

トップヘビー気味という点で取り回し感が似ているピュアストライク

ブレード16×19はどちらかというと湿った打感かつ球離れの早い感覚、ピュアストライクは乾いた打感でボールを掴む感覚が強め

似たようなスペックですが好みは絶対分かれます!

スピードプロ 2018

[card2 id="884"]

ガッシリボールを捉える感覚が近いスピードプロ

スピードプロの方が潰している感覚と弾く感覚を強く感じられます

どちらも強めに振らないと掴むフィーリングが出ない硬派なラケット!

CX200 2018

[card2 id="1942"]

ガッシリ潰す打感ともう少しあっさりした弾きを求める方向け

ブレードよりも硬質感がありますが、遊び感が少ないので収まりが良いと感じられと思います

あっさり弾いてくれる一方で、CX200の方が飛びは控えめ

ブレード16×19 インプレ


ウィルソン契約プロで最も使われる競技志向ラケット

相手の球威に負ける感じがなく、自分から打っていくときもラケットヘッドを使って飛ばしていける感覚が大きな強み

薄ラケは正直得意ではないですが、ブレード16×19なら挑戦してみても使ってもいいなと思えました

ブレードユーザーはもちらんですが、中厚ラケットから薄ラケにトライしてみたい方に特におすすめ!

関連記事

[card2 id="3611,4206"]

  • この記事を書いた人

ぺんてぃ

テニスブロガー【経歴】早稲田大学 ▶スポーツメーカー購買 ▶ RACKET LABO (月間最高39万PV/年間360万PV)【仕事】自社メディア運営、SNS運用、法人SNS運用コンサル、Webライター、テニス製品テスター 【PR】全日本ジュニア優勝経験選手と共にサイト制作をしています!!

-RACKET, ウイルソン, ブレード

© 2021 RACKET LABO