RACKET テニスラケットの選び方 ラケットコラム

【300種以上から選ぶ】 硬式テニスラケットの選び方【徹底解説】

ポイント

  • ラケット(公式)の選び方を徹底解
  • 意外と陥りやすい「落とし穴」について
  • 「損をしない」お得な買い方も紹介

[/box]

「どのラケットを使ったらいいの?」と悩んでいる方を解決するための記事です

本記事を読み終える頃には「あのラケットが気になる!」とイメージを持つだけでなくテニスマニアも実践する「お得な買い方」まで理解出来た状態になっていると思います

本記事は「300種超のテニスラケット使用実績」を持つライター(通称:ぺんてぃ)が解説します

検索上位のサイト、書いてる人エアプでしょ!!ってものばかり(笑)

だからこそ当記事では「使ったことがある人じゃないと書けない内容」を中心に提供するよ

ぺんてぃ

【300種以上から探す】 硬式テニスラケットの選び方【徹底解説】

  • ラケットの「スペック」を理解する
  • ラケットの「個体差」に気を付けよう
  • 失敗しないテニスラケットの買い方とは?

「テニスラケットを選ぶ」にあたり、気を付けなければならないことが「3つ」あります

それは「スペック」「個体差」「価格の違い」です。これらをきちんと知っているかどうかは「テニスの実力に直結する」と言っても過言ではありません

せっかく「テニスラケットを選ぶ」のであれば、自分に合ったものを適切に選びたいよね!

次の項目から早速説明していくよ!

ぺんてぃ

[alert title="注意"]記事の前半は「初心者向け」の内容を中心に扱っています

スペックについて理解のある方は「個体差に気をつける」までスキップしましょう![/alert]

【スペック】テニスラケットを選ぶ

  • 重量:ラケットの重さ
  • フェイス:面の大きさ
  • バランス:ラケットの重心位置
  • フレーム厚:ラケットの厚み
  • フレックス:ラケットの硬さ
  • グリップサイズ:グリップの大きさ
  • ストリングパターン:ガットの目の粗さ

重量:ラケットの重さ

  • 軽め:~285g 
  • 標準:285~305g
  • 重め:305~320g

「テニスラケットを選ぶ」にあたって最も大事な項目は「ラケットの重さ」です

重さは「振りやすさ・ボールの飛び・打ち負けづらさ」に直結するため試合結果にも影響しやすい項目

小学生~中学1年生・シニアの方は軽めの物、それ以外の方は標準の重さのラケットから使い始めると失敗しづらいです

[box class="box28" title="軽いラケットのメリット"]

  • 振り抜きやすい
  • ボールをミートし易い
  • 無理なフォームになりづらい

[/box]

[box class="box27" title="軽いラケットのデメリット"]

  • 相手のボールに押される
  • 面がぐらつく
  • テニス肘等のケガのリスク増

[/box]

[box class="box28" title="重いラケットのメリット"]

  • ボールを飛ばしやすい
  • 相手のボールに打ち負けづらい
  • 身体全体を使うフォームになる

[/box]

[box class="box27" title="重いラケットのデメリット"]

  • ラケットを扱うのが難しくなる
  • 振り抜きづらい
  • 無理をして使うとケガのリスク増

[/box]

軽すぎても重すぎてもダメなのが「テニスラケット」

最初の1本は「標準の重さ」から選んで、2本目から好みに合わせていくのがベター!

テニス歴15年の僕も「300g」の標準のラケットを使っているよ

ぺんてぃ

フェイス:面の大きさ

  • 小さめ:~99inch²
  • 標準:100~107inch²
  • 大きめ:108inch²~

フェイスとは「ラケットの面の大きさ」を指し、打球感やボールの飛びに影響します

一般的に面が大きければ大きいほどボールに当てやすいと言われていますが「ボールの当てやすさには関係ありません」

「初心者ほどボールの当てやすい面の大きなラケットを使うべき」というアドバイスは全く無意味です

メモ

面が大きい→ガットの撓み大きい・飛ぶ

面が小さい→ガットの撓み小さい・飛ばない[/memo]

バランス:ラケットの重心

  • トップライト:~310mm
  • イーブン:315mm前後
  • トップヘビー:320mm~

バランスとは「ラケットの重心:重さが釣り合う位置」を指します

トップライトと言われる状態は「グリップ側に重さが集中している場合」で、トップヘビーは「ラケットの先に重さが集中している状態」です

静止重量の重いラケットはトップライト、静止重量が標準~軽めのラケットはトップヘビーが採用される場合が多いです

「トップライト」のラケットは取り回しが良く、「トップヘビー」のラケットはラケットヘッドを走らせやすい特徴があります

イメージが掴めない方は「金槌(トンカチ)」を想像しよう!

普通に持てば少ない力で強い力を出せるよね!逆に重い方を握って振ると取り回しが軽く感じられるよ!

ぺんてぃ

スイングウェイトについて

引用元:Victoria

  • 軽めのSW:~274
  • 標準的なSW:275~290
  • 重めのSW:~291

スイングウェイトとは「ラケットを動かしたときに感じる重み」を数値化したもの

ラケットの重量・バランスにより、相対的に決まる数値になります

SWが大きければ大きいほど取り回しは重いがボールが良く飛び、小さければ小さいほど取り回しは良いが衝撃感が強くなる傾向

高い競技レベルが要求されるシーンだと「重めのSW」を扱えた方が打ち負けづらくなります

ぺんてぃ
フレーム自体のバランスにもよるけど、ガットを張ると大体20~30ポイント数値が大きくなるよ!

上の目安はガットを張ってない状態ね!

フレーム厚:ラケットの厚み

  • 薄い:~22mm
  • 標準:23~26mm
  • 厚い:27mm~

フレーム厚とは「ラケットの側面の厚み」を指します

市販されているラケットのほとんどは21mm~28mmで、薄い~標準とされるモデルがほとんどです

フレームが厚くなればなるほど「飛びが良くなる」効果がありますが、飛びすぎるラケットはミスの原因になります

初めてラケットを選ばれる際は「標準の厚み」のモデルがオススメ

メモ

20数年前は厚ラケが流行りましたが「硬い・飛びすぎ・軽すぎ」を理由に、シェアが縮小されていきました

現代のラケットは過去の物よりも良く飛ぶので、薄くても非常にパワーのある飛びをするモデルもあります[/memo]

ラケットの硬さ:フレックス

  • 柔らかい:~RA62
  • 標準:RA63~RA69
  • 硬い:RA70~

ラケットの硬さはフレックス(通称:RA値)を使って評価します

ラケットの剛性が高いと「弾きが良い・ボールが飛ぶ」といった性格を持ち、柔らかいと「しなる・飛びが「抑えられる」傾向になります

ちなみにフレックスの高低で「画像のようなラケットの折れ」には影響出ません

重量やフレーム厚を決めた時点でおおよそのフレックスは定まってきます。初心者はこの数値にはこだわらなくてOKです

脱初心者・脱中級を掲げ、「2本目を探す時からはこだわりたい」です

更に詳しい解説については以下記事を参考にどうぞ

ぺんてぃ

硬さによるテニスラケットの選び方の記事はこちら

【脱中級】硬さで選ぶテニスラケット!外せないポイントとは?【RA値】

グリップサイズ:太さ

テニスラケット メーカー 比較

  • 一般男性:G2,G3 目安
  • 一般女性:G1,G2 目安
  • ジュニア:G1,G2 目安

グリップサイズは握り心地・太さに関係します

#2 とか 3 が書いてあるのわかりますか?「日本向けはG1,G2...のような表記」で「4 3/8 といった表記は主に海外向け」になります

グリップサイズが細いとリストを使いやすい、太いと打ち負けづらいといった説明をしているサイトも多いですが「自分に合ったちょうど良い物」を選ぶのが一番大事です

むしろ適正に対して細すぎると手首を痛めやすいし、太すぎるとインパクトが極端にズレます

メモ

G2を選び、その上からオーバーグリップを1枚巻く選択をする方が大多数

テニスをする中でもう少し太くしたい・細くしたいといった願望が出てくるので「迷ったらG2」にしましょう

メルカリ等で中古を出品するにもG2が一番高額で売りやすいです[/memo]

グリップサイズに関して詳細に知りたい方はこちら

グリップサイズで迷わない!テニスメーカー別太さの使用感 まとめ

ストリングパターン:目の粗さ

  • 標準:16×19
  • 細かめ:18×20
  • 粗め:16×15

最後に、ストリングパターン(目の粗さ)について紹介します

ショップで売られているラケットの8割以上が「16×19」が採用されており、初心者の方にも「16×19」を選んでテニスを覚えることを強くおすすめします

目の粗さは「回転の掛けやすさ・ボールの飛び」に直結するので、後々こだわっていきたい項目になります

僕は16×19のラケットが一番好きかな

見た目的にも「18×20」だと回転掛からなそう!と敬遠する上級者の方も少なくない!

想像以上に掛かるんだけどね(笑)

ぺんてぃ

【個体差】同じラケットも実は別物?

  • ラケットには「ばらつき」がある
  • 最大のばらつき同士=完全な別物
  • スペック計測で測るべき3項目

これまでは「違うシリーズからモデルを絞る」ためにスペック項目を紹介してきましたが、更に「同じモデル内からお気に入りを選ぶ」方法を知っておく必要性があります

最近のテニス界では「スペック計測」の重要性が認識されてきています。しかし初心者の方はもちろん、テニス用品の選び方を全てコーチ・店員に任せている方は「知らないが故に損をしている」可能性も

お気に入りを見つけるために・同じラケットを複数本揃えるために「バラつき・個体差」について理解しておきましょう

ラケットのバラツキとは?

  • 製造工程時に起きる誤差
  • 低価格のための「際どい」出荷基準
  • 完全な別物が混在する現状

テニスラケットの作り方は意外とアナログで、大部分の工程で「手作業」が行われてます

【テニスコラム】意外と知らない!?テニスラケットの加工工程・作り方!

同じラケットでも、こんだけ手作業入ればそりゃばらつくよね!

だからこそ「すべてを統一するにはコストが掛かる」ので出荷基準を設けて、限界幅を設けているんだ

ぺんてぃ

バラつきの例

発売からかなりの大人気を誇るEZONEも初期ロットで怪しい話がありました(この対策のための品薄だったのかな?)

スイングウェイト280~290が基準のモデルの中に260~275が混入すると、それはもはや「ライトモデル・エントリーモデル」が全く同じデザインで紛れ込んでいるという事になります

重量、バランスが似通っているのに振り心地違うという事実は計測していなければ「買って使わないとわからない」のです

スペック計測をしている人じゃないと気付けない事実!

ましてや使ってても違和感程度に済ませてしまう人は「知らず知らず打ち負けてる状態」になっている恐れもあるよね

ぺんてぃ

スペック計測出来ない店で買うな

  • 店構え<スペック計測
  • ネットでもスペック計測可能!
  • 重量、バランス、SWの3点計測

ラケットのモデルを絞り込むまでは、どこのお店・サイトでもOK

ただ「実際に買うならスペック計測の出来るお店」で買いましょう

ウィンザーや KPI などの大型テニス専門店でも出来ますし、海外正規品を扱うお店のラケットショップロブテニスショップ アミュゼでも計測してもらえます

1秒でも早く新製品が欲しい時は「KPI」、価格を抑えたい時は「ロブ」「アミュゼ」を主に使っています
ぺんてぃ

【まとめ】テニスラケットの選び方

  • 各ラケットスペックの意味
  • 同じラケットにも個体差がある
  • 重量、バランス、SWの3点計測は大事

陽気なA君
途中から凄い難しい話になったけど、なんとなく大事なことはわかった!

けどもっと具体的なラケットとか、オススメとかも聞いてみたいんだよね[/st-kaiwa1]

OK!

別記事にて「打球感」「飛び」「求める性能」から選ぶ方法を解説するね!

ぺんてぃ

「テニスラケットの基本」とも言えるスペック・バラツキについての理解はしてもらえたかと思います

別記事にて実際に選び抜く方法について解説します

ぺんてぃ
別記事は現在作成中

今のうちに「新製品情報」や「黄金スペック」についての理解を深めてはどうでしょう?

関連記事

【ウイルソン】テニスラケット 徹底比較【選び方も解説】

【バボラ】テニスラケット 徹底比較【選び方も解説】

youtubeも始めました!動画でインプレを見たい方はチャンネル登録もどうぞ!

ラケットラボTV

テニスラケット 新製品情報

新製品情報に関する記事はこちら

【テニスラケット】2021年 新作情報|モデルチェンジ・未公開情報

【徹底比較】黄金スペック ラケット 

「黄金スペック」に関するラケット比較はこちら

【黄金スペック】テニスラケット おすすめ 2021|比較

【3万円稼ぐ】簡単に作れるラケット代捻出術【有料記事】

【3万円稼ぐ】ラケット代を生み出すノウハウ【有料記事】

ラケット欲しいけど、お金がない...という方必見!!

教材代もすぐにペイ!そして+αが見込める人気記事はこちら

  • この記事を書いた人

ぺんてぃ

テニスブロガー【経歴】早稲田大学 ▶スポーツメーカー購買 ▶ RACKET LABO (月間最高39万PV/年間360万PV)【仕事】自社メディア運営、SNS運用、法人SNS運用コンサル、Webライター、テニス製品テスター 【PR】全日本ジュニア優勝経験選手と共にサイト制作をしています!!

-RACKET, テニスラケットの選び方, ラケットコラム

© 2021 RACKET LABO Powered by AFFINGER5