RACKET バボラ ピュアストライク

BABOLAT|ピュアストライク18×20 2017|インプレ 評価 レビュー

ポイント

  • ピュアスト18×20 使用感を紹介
  • 性能、価格等メリットを解説
  • 他競合モデルと徹底比較

バボラの若手ティエムが使用するピュアストライクシリーズ

テストモデルのデザインが好評のため、そのままに採用された珍しい背景を持つラケット

Embed from Getty Images

 

シリーズ最もハードモデル

ピュアストライク1820 2017

控えめな反発感

控えめなスピンサポート

標準的なホールド感

2

パワー

3

スピン

7

しなり感

5

ホールド感

 

まっちょなS君
「ピュアストライク18×20 2017」はどんな使用感??
進化したピュアストライクの柔らかさと、18×20のデンスパターンが嚙み合った硬派な使用感!

男性競技者・男子学生の決定版!

ぺんてぃ

本記事では「ピュアストライク18×20 2017」使用感についてまとめてみました!

 

【レビュー】ピュアストライク18×20

  • 安定感のある力強いストローク
  • 楽ではないが難しくない使用感
  • パワーのあるストローカー向け

「18×20の厳しさ」はありつつも、モデルチェンジにより優しさも兼ね備えた「ピュアストライク 1820」

楽は出来ませんが、思った以上にパワーが乗ってくれコントロールもしやすいです

ホールド後に、あっさりと球離れしてくれる薄ラケを探している方に最適

スペック

  • 基本重量:305g
  • フェイス:98inch²
  • バランス:320mm
  • フレーム厚:21-23-21mm
  • SW:324 (ガット込)
  • フレックス:RA67
  • パターン 18/20

今作からの変更点

変更ポイント

  • ストリングパターン変更
  • グロメット変更
  • 完全フルモデルチェンジ

前作のデメリット「早すぎる球離れ」を改善し、「ボールを潰して食いつかせられる」ピュアストになっています

全体的にどの層の方にも使ってもらいやすくなったモデルチェンジですが、ピュアスト1820らしいハードさは健在

前作モデルに寄せるのであれば、球離れの良いストリングを選びましょう

 

実際に使ってみた 感想

打球感:ガッシリ系

ぺんてぃ
他のピュアストライクよりも打ち応えのある、ガッシリした打感!

振れば振るほどインパクトがしっかりして、打ち負けないフィーリングを感じられるね

振動止を付ける前提ですが、ピュアスト内で最も好きな打球感だったよ!

 

弾き感:やや控えめ

ぺんてぃ
粘り感に球離れの良さも備わった独特な弾き感

ボールを潰してももっさりしすぎず、相手を差し込んでいける伸びが出てたかな?

ミスの心配が減るので無造作に振って行けたのが高ポイント!

 

スピン性能:やや控えめ

ぺんてぃ
18×20と目が細かいのにも関わらず、16×19よりも意図的に軌道を上げやすかった!

16×19は軌道が常に少し高く出てくれて、18×20は必要に応じて調整できるイメージ

 

 

ピュアストライク 1820 2017 が 合わない場合

改善点

  1. 張り上げテンションを見直す
  2. 張り上げガットを変える
  3. グリップバンドを着脱する
  4. 他モデルを探したい方は...

「ピュアストライク1820 2017」は前提としてハードスペックで敷居が高いモデル

アウトが多くても「パワー不足でボールが潰せず、抜けてしまっている」等、飛びに関する点で改善してあげる必要があります

 

メモ

①飛びを良くしたければテンションを落とす。もっとあっさり飛ばしたければ硬く張る。打感だけ変えたければ縦横のテンションを変える。

②コントロール性能や打ち応えを良くしたい方はRPMパワーRPMブラスト等の硬めで食いつきの良いモデルを試す。飛びを良くしたければ縦ナチュラルや縦横共に材質変更を検討。

③グリップバンド(2~3g)を外すとラケットヘッドが走る感覚になります。つけると球筋を抑え込める感覚になります。両手バックが振り切れていない感覚がある方は外すことをお勧めします。

④飛びを良くするならフレームの厚いモデルへ。球離れだけ良くしたければ同じスペック帯のモデルでOK

 

【比較】類似・競合モデル

ブレード98CV 18×20 2017

【HEAD】ラジカルMP 2019 インプレッション

続きを見る

自分から打っていくことを前提にした時に、ライバルモデルとなるのは間違いなくブレード18×20

ブレードの方がしなり感、ボールを受け止める感覚が強いので少しパワーが必要です

ブレード2019の飛びとピュアスト18×20の中間に位置する飛び性能

ぺんてぃ

 

スピードプロ 2018

【HEAD】スピードMP 2018 グラフィン360 インプレッション

続きを見る

白色ベースの外観とスペックはかなり似ていますが、使用感は全く異なる印象

スピードプロの方が硬く、ラケット自体にパワーがあるので擦るスピンを使っても失速しにくいです

どちらもボールを潰してフラットドライブ系に打球したほうが伸びのある良いボールになる点は共通!

ぺんてぃ

 

ウルトラツアー97 2018

【ウイルソン】ウルトラツアー97をインプレ!攻撃的競技者ドはまり?

続きを見る

ピュアストライクよりもかっちりした打感で、クラシカルな薄ラケに近い使用感

ウルトラツアーの方がぐにゅっとしつつもホールド感のあるフィーリングで、掴んでいる感覚を感じられました

程よいインパクト時間に、適度な弾き感を持つ薄ラケが好きな方にどうぞ!

ぺんてぃ

 

【感想】ピュアストライク18×20

まっちょなS君
「ピュアストライク 1820 2017」はどんな人にオススメ?
ラケットに余計なアシストを求めないリアリストな方!

飛ばないラケットに飛ばすガットを張るフィーリングが好きな方にもオススメ!

ぺんてぃ

 

シリーズ最もハードモデル

ピュアストライク1820 2017

控えめな反発感

控えめなスピンサポート

標準的なホールド感

2

パワー

3

スピン

7

しなり感

5

ホールド感

 

 

関連記事

【BabolaT】ピュアドライブ2021|インプレ・レビュー

続きを見る

【バボラ】ピュアアエロ2019 インプレッション!【比較レビュー有】

続きを見る

BABOLAT|ピュアストライク100 2020|インプレ 評価 レビュー

続きを見る

 

【バボラ】テニスラケット 徹底比較【選び方も解説】

【テニスラケット】2021年 新作情報|モデルチェンジ・未公開情報

新製品情報に関する記事はこちら

【黄金スペック】テニスラケット おすすめ 2021|比較

「黄金スペック」に関するラケット比較はこちら

  • この記事を書いた人

ぺんてぃ

テニスブロガー【経歴】早稲田大学 ▶スポーツメーカー購買 ▶ RACKET LABO (月間最高39万PV/年間360万PV)【仕事】自社メディア運営、SNS運用、法人SNS運用コンサル、Webライター、テニス製品テスター 【PR】全日本ジュニア優勝経験選手と共にサイト制作をしています!!

-RACKET, バボラ, ピュアストライク

© 2021 RACKET LABO