「Penz」商品購入はコチラから!

BabolaT|ピュアストライクVS 2022|インプレ・レビュー

本記事について
  • ピュアストVS 2022 使用感は?
  • 性能、価格等メリットを解説
  • 他競合モデルと徹底比較

バボラ”らしくない” 薄ラケ

従来ピュアコン & ピュアストの血統を受け継がず、独自進化を遂げたバボラの競技系コントロールモデル「ピュアストVS」

使い勝手としては意外にも優しいですが、上記の通り「バボラらしくない」印象を受けました

このモデルの特徴

  • パワーのある 薄ラケ
  • どことなく「HEAD」っぽい
  • 程よい飛びとコントロール性能
ピュアストVSの使用感ってどんな感じ?

陽気なA君

ぺんてぃ

黄金スペックにはない、振り抜きの良さが特徴だよ!

「バボラの薄ラケ」特有のしなってボールが暴れる感触が少なかったのも良かったかな!

本記事では「ピュアストライクVS 2022」の使用感と、他モデルとの比較についてまとめてみました!

【レビュー】ピュアストライクVS 2022

PURESTRIKE VS 2022

  • しなるより撓む
  • 軽い力でも、普通に飛ぶ
  • アマ環境にマッチ出来るモデル

飛んで、掴み、落ちる。癖も少なく「競技者内での万人ウケ」を狙ったかのようなモデル

従来ピュアストライクより(ピュアスト100よりも)飛ぶし、ピュアドラVSピュアアエロVSよりホールド感があります

下がらず高速フラットドライブを先攻でしばく、現代テニス環境でも使いやすい設計だと感じられました

ぺんてぃ

薄ラケらしからぬパワーにも目が行くけど、一番は「ボールが暴れない」点が◎

けど薄ラケと期待して使うと「飛びすぎて困る」を感じる選手もいそうだよ

デザイン

スペック

  • 基本重量:310g
  • フェイス:97inch²
  • バランス:310mm
  • フレーム厚:21-22-21mm
  • フレックス:RA63
  • SW:322(ガット有)
  • 長さ:27inch
  • パターン:16/20

打球感:モッチリ系

  • ピュアストより乗る感覚
  • 適度なホールド感もある
  • 振ってなんぼの競技ラケット

VSと名がつく割に「易しい・厳しくない」印象をうけました

本家ピュアストライクのモデルよりも「打てば打っただけ飛ぶ」感覚があるので、比較的パワーロス感も少なく思います

「思ったより掴み、思ったよりアシストして欲しい」といったサポート感を期待しても大丈夫なモデルでした

ぺんてぃ

薄ラケにサポートを求めるのはどうなの?ってところはあるけど、けど適度な易しさがあった方がパワー負けしづらいし嬉しい方が多いのかな!

弾き感:標準

  • 比較的飛びは良い
  • 勝手に弾く感触は少ない
  • ボールを押せる感覚がある

良い意味でバボラらしくないのは「無理に潰さなくても、ボールを押せる」ところ

中厚系のラケットだと出せない「押して運ぶ」フィーリングを得やすく、またしなる薄ラケよりもパワーロス少なく飛ばせると感じました

必要な時に必要なだけラケットパワーを引き出しやすいので、スイングによる飛びの調節が出来る方には使いやすいと思います

ぺんてぃ

身体を固めて打つより、脱力して7割くらいのショットを打ち続けやすい感じ

本家ピュアストよりもまっすぐ球を飛ばせたよ!

引掛かり感:やや控えめ

  • 鋭角的な引掛かり感はない
  • スピンサポートは期待できない
  • スイング軌道で回転を掛けよう

余計に引っかからないのは悪いことではなく、ボールが失速しづらいメリットもあります

「ボールを押す力、スイングの強弱、ボールの潰し加減」で長短のコントロールが出来ればまったく問題ありません

勝手に軌道が上がりやすいタイプのラケットを探している方は「ラウンド系」の薄ラケを探してみましょう

ぺんてぃ

軌道の上がりやすいラウンド系の薄ラケ派、バボラからだとピュアドライブVSが該当するね!

中間択を取りたい方は「ピュアアエロVS」もあり!

BabolaT|ピュアドライブVS 2019 |インプレ・レビュー

BabolaT|PURE AERO VS(ピュアアエロVS) 2020 |インプレ・レビュー

セッティングについて

  1. ポリ使用が前提のフレーム
  2. ハイブリッドの使用はあり!

前提として本モデルは「競技層や自分からボールを飛ばせる人」を対象に設計されています

しかし競技層をターゲットにしている割に「飛ぶ」タイプの薄ラケにあたるため、楽に使うというより「飛びを抑えていく」セッティングの方が調整しやすいです

RPMブラスト125を筆頭に、標準~少し硬めのポリで調整してみるのがオススメ

ぺんてぃ

本モデルを使っている今井慎太郎選手は「縦ブラスト130×横VS130」のセッティング!

飛びを抑えつつホールド感を出したい方は、縦糸を太くして横糸にナイロン・ナチュラルを使ってもいいね!

【比較】類似・競合モデル

ピュアストライク16×19|BabolaT

【バボラ】ピュアストライク 16×19 インプレ・レビュー【2019/2020】

シャフト部で粘る「薄ラケらしい感覚」を重視したい方は「VSよりも無印」の方がオススメ

しなる感覚でボールを押せるタイプの方は、ピュアスト16×19の方が柔らかく感じられると思います

16×19は暴れる感覚も強いため、「飛びを求める方は100 or コントロールを求める方は18×20」と割り切ったチョイスをしても良いでしょう

ぺんてぃ

バボラっぽい薄ラケ感は無印の方が強い!

逆にHEADのような「フェイスでボールを潰せる」剛性感が欲しい方はVSが気に入ると思う!

BOOM PRO 2022|HEAD

HEAD|BOOM PRO 2022|インプレ 評価 レビュー

ピュアストライクVSよりも楽なモデル、球離れが早い(あっさりした飛び)を求める方には「ブーンプロ」

一撃で打ち抜くショットはピュアストVSの方が打ちやすいですが、80点のショットを量産し続けて打ち勝ちたい方はブーンプロの方が向いています

ブーンプロの方が打球情報が少ないため、薄ラケに寄せたいか・中厚系に寄せたいかで選んでも良いと思います

ぺんてぃ

薄ラケ系→ピュアストVS

中厚系寄り→ブーンプロ

ピュアアエロVS 2020|BabolaT

BabolaT|PURE AERO VS(ピュアアエロVS) 2020 |インプレ・レビュー

フレームが硬くなっても良いから「ボールをもっと潰してコントロールしたい」方はピュアアエロVSを選んでも良いでしょう

同じガットを同じ硬さで張り上げた場合「ピュアストVSの方が楽」です。ピュアアエロVSを使うならもう少し楽なセッティングにしないと使いきれないなと感じています

ピュアストVSよりももう少しだけ硬派なモデルを…という方は一度手に取ってみてください

ぺんてぃ

使いこなせるとベースショットの質が1ランクあがるかんじ

アエロやピュアドラのぶっ飛び感を、ラケットでも抑え込みたい方が選んでも良いと思うよ!

【評価】ピュアストライクVS 2022

サーブ・フォアが武器にしつつ「1ランク上の安定感」を求めたい方に選ばれる ピュアストライクVS

他の薄ラケよりもサポートが強い点を生かせると、6~7割の安定した繋ぎ球を覚えれるように思います

強く打つ・当てるだけでなく、押す・運ぶの技術的なシーンの後押しをしてほしい方は使ってみてください!

ぺんてぃ

ボールを安定的にしばきやすいのは当然として、スイングスピードが落ちるバックハンドやスライスなどで質を落としたくない方にどうぞ!

「最安値」はコチラから

関連記事

ピュアドラ2021 と ブイコア100 で迷ってる方へ

2022年|テニスラケット 新作情報|モデルチェンジ・最新情報

黄金スペック|人気のテニスラケット を徹底比較してみた|おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。