【ゴーセン】G-TOUR1をインプレ!【レビュー・比較有】

ゴーセンが積極的に売り出し中のG-TOURシリーズの競技モデル!

ポリ単独モデルだけでなく、AKプロCXと合わせたハイブリッドパッケージも発売中です!

ゴーセンのハイブリッドストリング G-XX1とG-XX3の違いをまとめてみた

G-TOUR1 125 ゴーセン インプレ

反発性能★★★☆☆

モチっとした打感からがっしりボールを掴むのが大きな特徴。太さのわりにボールが飛ぶので、ハードな印象は全く感じませんでした。

しっかりつかんだ後も、しっかり弾いてくれる反発感があります。この弾き感の良さを球離れが良いと捉えてもいいです。

ホールドするのに球離れは早い。気持ちいいけどどこか不思議な感覚でした。

スピン性能★★★★☆

文句なしのスピン性能。ガンガン狙ったところに落としていけます。

ガットに鋭角感がない分、ボールを深く打ち続け易かったです。硬いと弾きが良すぎて、微妙にロングしたりショートしたりする傾向があります。

擦って使っても良いですが、緩く張って厚めに捉えながらスピンを掛ける使い方が最も適していると思います。

テンション維持★★★★☆

ポリの平均よりテンション維持は優れています。切れる直前まで嫌な緩み感を一切感じませんでした。

もちろん緩くなっていっている感覚はあります。しかしボールをしっかり掴み飛ばす感覚が最後まで損なわれなかったために、嫌な緩み感と感じませんでした。

切断耐久性も性能維持性能も極めて高いので、値段以上の価値がありました。

G-TOUR1 125 ゴーセン まとめ

G-TOUR1の評価
反発性能
(3.0)
スピン性能
(4.0)
テンション維持
(4.0)
打球感
(4.0)
コスパ
(4.0)
  • モチとした柔らかい打感
  • 掴んで弾く高性能ポリ
  • 耐久性もOK

ガットが柔らかすぎると失速してしまうし、硬いガットだと回転が十分に掛からずに弾いてしまいます。

その点G-TOUR1は厚い当たりをしつつスピンを掛けることで、スピードの乗った跳ねるボールを打つことが出来ます。

しっかりスイングをしてボールを収めていきたいジュニアや学生に気に入られるガットです。

もっと楽に飛ばしたい・回転を掛けたい方はG-TOUR3がおすすめ。

【ゴーセン】G-TOUR3 をインプレ!【比較・レビュー有】

関連記事

ゴーセンのハイブリッドストリング G-XX1とG-XX3の違いをまとめてみた 【ソリンコ】ハイパーGをインプレ!【レビュー・比較有】

3 COMMENTS

プリンスのBEAST100にG-TOUR1を合わせるなら125と130どっちのゲージが良いと思いますか?

返信する
ぺんてぃ

125からでいいのではないでしょうか??
私も1年くらい使ってましたが、細いゲージの方がしっかりスピンをかけられる感じがして好きでした!

返信する
やっち

プリンスのBEAST100にG-TOUR1を張るなら、125と130どちらのゲージがよいでしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です