2009年モデルがいまだに現役!?マイクロジェル ラジカルMPを使ってみた!

愛用者が多くTWで新品の取り扱いがまだあるマイクロジェルのラジカルMP!


ペイントジョブを使ってプロも愛用する人が多いのが特徴!

ラジカルMP 2009 スペック

  • フェイス:98inch2
  • 基本重量:295g
  • バランス:325mm
  • フレーム厚:21mm-
  • フレックス:62
  • SW:315
  • パターン:18/20
  • 発売時期:2009年

ラジカルMP 2009 インプレ詳細

コントロールタイプ

しっとりした湿り気のある打感に、フレームのしなりと強靭さが合わさった心地のよい打球感!

ストリングパターンが細かめという事もあり、全然ふかさない!すごい!

スピンをごりごりかけていくタイプのラケットではないですが、ヘッドの重さを活かしてバシバシボールを潰せました。

ホールド系

フレックスがRA62と柔らかめなのに、芯の硬さは感じるので相手に打ち負ける感覚がありません。

遅いスイングだと弾く感覚が強くなり、速いスイングだと喰いつく感じが強く出ます。

今のラケットは硬い物が多いので、マイクロジェルのような打感はないんだよなぁ。

パワーレベル:430

ボールの飛びは現行のスピードプロ2018より、少し飛ぶかなっといった感じ。楽なラケットではないことは確かです。

過去のマイクロジェルラジカルMPのインプレに、硬くて鉄板みたいと表現される方が多いのはストリングパターンが細かいのに、55ポンドとかで張ってしまったからじゃないのかなと推測。

昔は今みたいに40ポンド代で張ることが一般的じゃなかったので、ラケットに飛びが求められていたのかもしれません。

ラジカルMP 2009 まとめ

  • 独特な湿った打感
  • 厚い当たりで捉える方向け
  • テンションは緩く張ろう

トップヘビーなので、人によっては振るのが大変と感じるかもしれないラケットです。

個人的には中厚系の先が重いラケットが好きなので、逆に振りやすかったです。

新しい物を追い続けても良いですが、過去に使ってこなかったラケットから置きに入りを探すのもいいかもしれません。

類似・比較品のインプレはこちら

【ヘッド】スピードプロ2018をインプレ!飛びの良い硬めのツアー系モデル!? ラジカルMP 2017をインプレ!ホールド感と弾き感が秀逸すぎる件について!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です