2.0 RACKET ダンロップ

【ダンロップ】REVO CX2.0をインプレ!スリクソンブランド最後のシリーズ。新作よりもホールド感が強め!?

ダンロップブランドになり早数ヶ月。

新作のCX200の売れ行きはなかなか良いようです。


CX200のインプレについては下記記事へどうぞ!

[card2 id="1942"]

CX2.0 2017 スペック

  • 基本重量:305g
  • フェイス:98inch²
  • バランス:315mm
  • フレーム厚:21-21-20mm
  • SW:314
  • グレックス:RA68
  • パターン:16/19
  • 発売時期:2017年

CX2.0 2017 インプレ

打球感:ガッシリ系

CX200よりも引掛かり感のある湿った打感。素直に柔らかい打感だと思いました。

フレーム厚はCX200より全体的に薄いのに、フレックスはやや硬めなのでボールを潰す感じが強く出ます。

CX200よりも球離れが良く、テンポよく打球できる印象でした。

弾き感:やや強め

薄ラケのしなり感は感じますが、スペック以上にボールを弾く感覚があります。

スピードボールが打ちやすく、CX200よりも攻撃的にテニスがしたい方が好みそうです。

一度ホールドしてからはじき出す気持ちよさは、CX200にはない感覚です。

引掛かり感:やや強め

薄ラケなのに何故か引掛かり感が良いのが印象的。自分からスピンを掛けていくことが出来ます。

ラケットヘッドを走らせやすいという点と意外とパワーアシストがある点を考慮すると、そこまで厳しいラケットではありません。

フォアハンドはフラットドライブ~スピン系で、バックハンドをフラットで打てる方に最適です。

類似・競合モデルとの比較

類似モデル:CX200 2018

CX2.0後継機のCX200。ラケットの性格は結構違うように思います。

ボールの初速よりもバウンド後の伸びが良いラケットなので、打ち合い時やコンチネンタルのショットで特に良さが出ます。

テンポの早いストローカーはCX2.0、オールラウンドにプレーする方はCX2.0を選ぶ傾向が強いです。

[card2 id="1942"]

類似モデル:ラジカルプロ 2019

CX2.0とは違うフィーリングですが、スピンの掛けやすい準薄ラケ帯ラケット。

マットな打感でボールのノリ感が良く、コントロール性能がとても良いです。

CX2.0以上にボールを潰して打ちたい方向け。

[card2 id="3333"]

類似モデル:プレステージプロ 2018

使用感が近いと感じたのはプレステージプロ。

CX2.0の方がやや取り回しが良く、プレステージは振れた時の1発があります。

プレステージシリーズは意外と重さを感じないので、挑戦してみても良いと思います。

[card2 id="3389"]

CX2.0 2017 レビュー

男子選手はCX200に移行している選手が多いですが、女子選手はCX2.0を使い続けている方が多い印象。

CX200の方がラケットが柔らかくなった分飛びが控えめになったので、CX2.0の飛びがちょうどよかった方には厳しいのかもしれません。

薄ラケはフレックスが変わると結構使用感が変わるので、CX2.0がお気に入りの方は在庫があるうちに確保しておくことをお勧めします。

型落ち品なので、国内正規品の方が安く買えるのでお早めに!

関連記事

[card2 id="3260,3302"]

  • この記事を書いた人

ぺんてぃ

テニスブロガー【経歴】早稲田大学 ▶スポーツメーカー購買 ▶ RACKET LABO (月間最高39万PV/年間360万PV)【仕事】自社メディア運営、SNS運用、法人SNS運用コンサル、Webライター、テニス製品テスター 【PR】全日本ジュニア優勝経験選手と共にサイト制作をしています!!

-2.0, RACKET, ダンロップ

© 2021 RACKET LABO Powered by AFFINGER5