YOUTUBE チャンネルはこちら!!

テニス前後のオレンジジュースはNG!日焼けを助長しシミ・シワ発生?

猛暑が辛い夏の季節も少しづつ終わりを迎える8月

しかしながら日によっては40度近い気温を記録する地域もあり、決して油断できない時期

仕事も始まりだし、テニスの疲れも気になり酸っぱい果汁を求めたくなりますが”要注意!”

本記事では、テニス前後で気を付けたい柑橘系についてまとめてみました

【要約】テニスで気を付けたい食べ物

  • 柑橘系のソラレンが危ない
  • 日焼けを悪化させる成分
  • ガンリスクも高まる??

ぺんてぃ

疲れが取れるんだろうなと

テニス後オレンジジュース飲みまくってた…

遅いかもだけど将来のために控えよう…

柑橘系のソラレンに注意

ソラレンとは?

オレンジ、グレープフルーツ、レモン等の柑橘系に多く含まれる、光毒性の物質

紫外線を吸収しやすく、シミ・そばかす・日焼けに大きく関係するメラニン色素を刺激します

肌のかゆみの原因にもなるので、きれいな肌を維持したい方こそ要注意

ソラレンを多く含む果実類

  • オレンジ
  • みかん
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • すだち
  • キウイ
  • アセロラ
  • いちじく

疲れを取るためにビタミンC取ろう!

って思った際には、飲食前後で日焼けの恐れがないことをしっかり確認しましょう

また野菜からビタミンCを取るのも有効です、が野菜のソラレンの有無もきちんと確認しましょう

ソラレンを多く含む野菜

  • にんじん
  • きゅうり
  • ぱせり
  • しそ
  • セロリ
  • みつば

スキンケアを大事にされている女性なら当たり前だったかもしれません 、男性からすると初めて聞いたという方も少なくないはず

若い時から気を付けておくと、歳を重ねた時も安心です

朝食前、外出前には要チェック

今日の紫外線の影響を考えると、朝食時に飲むことの多いオレンジジュースを控えたり外でのイベントに柑橘系のジュースを持ち込まないことが重要になってきます

高校生はやりがちですが、練習時にスポドリの代わりに紙パックのオレンジジュースやグレープフルーツジュースを飲むことを極力控えましょう!

柑橘系とガンリスク!?

1週間に2回~4回、オレンジやグレープフルーツを食べたり、そのジュースを飲んだ人は、1週間に2回未満しか摂取しない人に比べて皮膚がんの発症リスクが10%増加

1日平均1・5回以上、取った人だと36%も上昇したとの発表があります

他の果実・野菜ジュースには発がんと関連性が見られないという事なので、柑橘系の摂取ペースには気を付けた方が良さそうです

引用元:sankeibiz

テニスにおける日焼け対策には?

  • 柑橘系の摂取量、時期の検討
  • 日焼け対策アイテムの使用
  • 練習後のアイシングを日課に

日焼けの被害を防ぐためには、柑橘系の摂取量の調整はもちろんですが日焼け止めアイテムの使用は欠かせません

お馴染みの塗り込むタイプはもちろんですが、現在はスプレー型・パウダー型・ジェル型等、様々なタイプが出ています

それらの活用と共に、練習後は熱を含んだ身体をケアすることで対策していきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です