RACKET スピード ヘッド

【ヘッド】 スピードMP2016をインプレ!しなり感とコントロール感が増した競技系モデル

スピードMP 2016 スペック

  • フェイス 100inch
  • 基本重量 300g
  • バランス 320mm
  • フレーム厚 22mm
  • フレックス:64
  • スオングウェイト:318
  • パターン 16/19
  • 発売時期 2016年7月

スピードMP 2016 製品特徴

コントロールタイプ

300g、320mmのバランスといった前作の基本スペックを踏襲。前作と大きく違うのは打球感。

前作のXTはカチッとした反発性を感じましたが、今作はしなり感の強い打球感です。手元でボールを持つ時間を長く感じるため変なミスをしづらかったです。

ただ個人的には球離れが良くなったスピードMP 2018モデルや前作のXTの方が好きでした!

・スピードMP 2018のインプレはこちら

しなり系

どちらかというと面でたわむホールド感が特徴の前作に対し、今作はしなってボールを捕まえる感覚。

前作は球を潰しに行くとボゴッ、ボールスピードを出しに行くとキーーンとスイングによって打感が変わるのが特徴でしたが、今作はどのスイングをしてもギュッといったマイルドな打感でボールがまとまります。

やや飛びが悪くなったなと感じました。

パワーレベル:400

厚めにとらえて球を潰すことが出来るプレイヤーはフレームの力強さを感じられます。サーブとフォアがとても気持ちよく、スライスのノリも秀逸でした。いい意味で他の黄金スペックより飛ばないため、実力をしっかり出せます。

ボレーなんかのブロックショットもよく飛ばせましたが、少し外すとぼてっとしやすいため、初心者の方は他のフレームの方が快適にプレーできると思います。

 

スピードMP 2016 まとめ

  • スペックは前作をそのまま踏襲
  • 打感がマイルドな方向に変化
  • 他黄金スペック、薄ラケからの移行に◎

現在は型落ちで、価格が50%オフで売られている分手ごろな価格で手に入ります!

・新しいスピードMP 2018のインプレはこちら

関連記事

[card2 id="381,884"]

  • この記事を書いた人

ぺんてぃ

テニスブロガー【経歴】早稲田大学 ▶スポーツメーカー購買 ▶ RACKET LABO (月間最高39万PV/年間360万PV)【仕事】自社メディア運営、SNS運用、法人SNS運用コンサル、Webライター、テニス製品テスター 【PR】全日本ジュニア優勝経験選手と共にサイト制作をしています!!

-RACKET, スピード, ヘッド

© 2021 RACKET LABO