RACKET ラケットコラム

テニスラケットメーカー 製品の特徴を整理してみた!

テニスメーカー 特徴 整理 比較

ラケットを購入する前に最も気になる製品特長

飛びが良いモデル、コントロールが良いモデルと性格が異なるモデルが多数存在しています。

本記事では、各メーカーのラインナップを紹介します。

各メーカー主要ラインナップ

YONEX(ヨネックス)

  • Vコア ...王道
  • Vコアプロ ...競技志向
  • E ZONE ...飛び
  • REGNA ...打球感

ヨネックスの王道はVコア。Vコアをよりハードな味付けにし競技性を高めたのがVコアプロ

Vコアシリーズ

Vコアプロシリーズ

EZONEはVコアよりもボールの飛びが良いのが特徴。大坂なおみ選手やキリオス選手といったパワーヒッターが好むシリーズです

 

またREGNAシリーズは他3機種や他メーカーと一線を画す高級志向ラインナップ

ラケット1本、国内代理店価格で3万円程度しますがレグナはなんと4.5万円という強気な価格設定。

[card2 id="2898"]

Babolat(バボラ)

  • ピュアドライブ ...飛び
  • ピュアアエロ ...スピン
  • ピュアストライク ...コントロール

ピュアドライブはパワー、ピュアアエロはスピン、ピュアストライクはコントロール。

他メーカーよりもシリーズのラインナップが厳選されすっきりしています。

シリーズ内では細かく分かれているため自分のプレーに合わせたモデル選びがし易いのが特徴です。

ピュアドライブ2018

ピュアアエロ2019

ピュアストライク2016

ピュアストライクVSシリーズ

※アエロ・ピュアストライクの2シリーズにはVS機種という亜種形状が存在。

[card2 id="3036"]

Wilson(ウィルソン)

  • Prostaff ...薄ラケ王道
  • BLADE ...しなり
  • BURN ...弾き
  • Ultra ...ボレー

ウイルソンのモデルも大まかに4シリーズに分かれています。フェデラーが使う薄ラケ界の王道【プロスタッフ】、ツアー使用率No1のしなりの【ブレード】、ボールスピードを高める【バーン】、ボレーヤーをコンセプトに置く【ウルトラ】となっています。

他メーカーと違い、まずは求める性能をはっきりさせることで使用シリーズが決めることが出来ます。またその後自分の持っているパワーに合わせてシリーズ内から選択することが出来ます。

プロスタッフ2017

ブレード2016

ウルトラ2017

バーン2017

錦織圭は2019年1月より、バーンからウルトラにスイッチしています。

HEAD(ヘッド)

  • プレステージ ...薄ラケ王道
  • ラジカル ...飛び+コントロール
  • スピード ...スピン+コントロール
  • インスティンクト ...飛び
  • エクストリーム ...スピン

シリーズごとの分け方が最も細かく、プレイヤーが求めるラケットを選びやすいのがヘッドの特徴。

シリーズ内にも重量や面の大きさが異なるモデルの準備もされているため、他メーカーよりも性格がきちんと分けられています。

[card2 id="3044"]

DUNLOP(ダンロップ)

  • CXシリーズ ...しなり+打球感
  • CVシリーズ ...スピンor伸び

2018年秋冬にSrixon→ダンロップに変更になりました。ダンロップは2シリーズ展開で、シリーズ内での差別化を図っています。

CXはコントロール弾きを強調。

一方のCVは喰いつきをベースに、スピンと飛びを強調させています。

ケビンアンダーソンの活躍とCX200シリーズの評判により、世界的にもダンロップの波が来つつあります。

 prince(プリンス)

  • ツアー ...コントロール
  • ファントム ...しなり
  • ビースト ...弾き+パワー
  • ハリアー ...パワー
  • エンブレム ...快適+飛び

当時シャラポワがプリンスを使用し、かつてはNo1シェアを誇っていたプリンス。

O3の失敗によりシェアを大きく落としまったが、最近は品質が良いこともあって挽回して来ています。

他メーカーと比べるとラインナップの整理が不明瞭という点はありますが、他メーカーにないニッチなスペックを揃えています。

またトッププロは市販品とは全く違うプロストック品を使用していますが、契約メーカーはプリンスではないのに塗装の中身はプリンスという話もあります。

関連記事

[card2 id="2553"]

  • この記事を書いた人

ぺんてぃ

テニスブロガー【経歴】早稲田大学 ▶スポーツメーカー購買 ▶ RACKET LABO (月間最高39万PV/年間360万PV)【仕事】自社メディア運営、SNS運用、法人SNS運用コンサル、Webライター、テニス製品テスター 【PR】全日本ジュニア優勝経験選手と共にサイト制作をしています!!

-RACKET, ラケットコラム

© 2021 RACKET LABO